鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

京都東山登山 八瀬-比叡山スキー場-大比叡-御蔭神社

 もうすっかり前の事になってしまいましたが、またも比叡山に行ってきました。


 比叡山には、盲導犬候補パピーだったオクターとも、一緒にかなり登って結構なルートを網羅したのですが、まだまだ行っていない登山道があります。

 という事で今回は、八瀬ケーブルあたりから浄刹結界跡辺りにある尾根を登っていくという、新たなルートを通ってみることにしました。

 比叡山山頂近辺の東側にある尾根は、最近かなり把握できてきたので、この浄刹結界近くにある尾根からも山頂近辺に登れるなという事で、登っていった訳ですが、最初はそこそこ登山道らしき感じの道や踏み跡やがあったものの、途中からはそれらはほとんどなくなり、なんとなく残っている誰かがつけたテープや、尾根の形状から尾根トップをトレースして上がっていくという形になりました。

 がれっている場所もあったり、倒木もあったりで中々大変です。やはり山の基本はちゃんとした登山道。と分かっているのに何度もちゃんとしていないルートを通ってしまう自分。正にアホ丸出しです。

 そんなそこそこ厳しい状況ではありましたが、それなりに順調に登っていけたようで、そろそろ山頂近辺に近づいてきている感じがしてきました。しかし、この後、かなり厳しい状況になっていたのです。

 藪こぎです。それもかなりの藪こぎです。背丈より遥かに高く、もう密々に茂っているヤブをこぎまくらないといけない場所に来てしまったのです。勿論、迂回できる方策も考えましたが、ちょうど両端が急斜面になっていてそれもかないません。

 という事で、蛇や蜂などとの遭遇に怯えつつ、藪をこいでいったのですが、幸いにもどの生き物にも会うことなく、無事藪を越えていくことができました。そして、藪を越えた後は開けた場所になっていて、京都の街が一望できたのでした。

 

IMG_5346.jpg
藪こぎの後に広がっていた
見晴らしのいい景色










IMG_5347.jpg
オクターと良く散歩に行った
宝ヶ池方面のアップ




 そして更に登って行くと、大きな建物が見えてきました。どうやら、人工スキー場のクラブハウス跡裏に出てきたようです。予想とは少しだけ違う所に出てきたのでちょっと驚きましたが、なるほど位置的には確かにこの辺に出てきてもおかしくないという場所でした。

 その後は、大比叡山頂まで行ってみることに。

 この日は非常に天気が良かったので、比叡山頂にあるガーデンミュージアム比叡辺りは結構車で登ってきている人も多く、ミュージアムもそこそこ盛況なようでした。

 少し展望のいいところで、風が強い日で凄く視程が良かったので写真を撮った後、大比叡山頂へ向かいます。




IMG_5350.jpg
大津方面










IMG_5349.jpg
大津プリンスホテルと近江大橋










IMG_5351.jpg
比叡平方面










IMG_5352.jpg
近江舞子 琵琶湖大橋方面









IMG_5353.jpg
琵琶湖大橋近辺
山の陰になって橋は見えませんが
元琵琶湖タワー遊園地跡に残る
観覧車が見えます

その奥にある島は
沖島ですね









IMG_5354.jpg
近江舞子方面をアップで

視程が良く、竹生島まで見えていました










IMG_5355.jpg
蓬莱山方面もくっきりです



 大比叡山頂は相変わらずのひとけの無さで、その近くでお昼をさくっと食べた後、下山を開始します。

 ケーブル比叡山頂駅から、千種忠顕碑へ向かい、京都一周トレイル案内板 東山 73-1にある☓印の道を下って行き、千種塚旧跡の碑の先にある、ケルンの辺りから、西にある尾根を下っていくコースで、御蔭神社へと向かいます。

 このルートは、以前登ってきたコースの下りとなり、知っている道なので特に大きく迷うこともなく降りていくことができました。

 以前の記事はこちら ↓
http://onitobi.blog20.fc2.com/blog-entry-1473.html

 ただ、この道も途中まではいいのですが、途中からかなりな急斜面が続き、更にはがれっている急斜面を横に見て、歩ける道は細く下草が多いという非常に危険な場所もあったりして、お勧めできる道とはいえません。

 そこを過ぎると、以前建物があったらしい石垣跡の横を通って、御蔭神社へとたどり着きます。

 比叡山頂近辺では、全く誰にも会うこともない非常にマニアックなルートでその道中は中々に厳しいものもありますが、静かに穏やかに、山歩きを楽しむことができました。




にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


登山用品 
関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2012/11/28(水) 23:29:53|
  2. 登山|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1507-ceb3af68