鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

師がやってきた その1

 ほぼ一年ぶりに、師(熊猫刑事氏)が京都へやってきた。それも今回は10年ぶりくらいの泊りでだ。



一日一回のクリック、どうかよろしくお願いします。  

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 師は金曜の夜、うちにやってきた。夕方、電話をしてきた師は、「実はもう京都にいるんだ。今、四条にいて、これからちょっと一杯やってからそっちに行こうと思うんだよ。」と言う。

 僕は既に居酒屋「鬼」を開店??する準備をしていたから、あまり食べ呑みし過ぎないように伝えて、再び仕込みを始めた。

 そして2時間程して、師から最寄り駅に到着した旨の連絡が入った。僕が師を近くまで迎えに行くと、長年続けていたロン毛スタイルから、スパっと髪を切り、かなりすっきりした師がそこにいた。僕らは久々の再会を喜びつつ、家へと向かった。

 そして、居酒屋鬼が開店した。

 今回のメニューは、ヤムウンセン・手作りシュウマイ・そして麻婆豆腐だ。まずはビールを飲みながら、ヤムウンセンを食らう。

 今回のメニューは、このブログでも紹介した自家製唐辛子を存分に楽しむために、辛いものを食べられるメニューにしてみた。ただ、辛いものばかりでもなんだから、シュウマイだけは辛くなかったが・・・。

 なお、料理に最初から激辛唐辛子を入れてしまうと大変なことになるので、別途で自由に入れられるようにしておいた。というのも特におばちゃん(僕の妹)は、辛いものが大層苦手だからだ。

 初めは大人しく、デフォルトの普通の唐辛子入りヤムウンセンを食べていた僕らだったが、すぐに激辛唐辛子を試し始めた。師は、ブログの記事で「激辛」と書いていたのを読んでいたが、心の中で、「大した激辛でもないだろう。」とそう思っていたらしい。

 しかし、その激辛にふさわしい辛さに、細かい輪切りにした一片を食べて師は悶絶した。しかしその後、僕らは意地を張り合うように、辛い辛いと言いつつ、激辛唐辛子をヤムウンセンに、そして麻婆豆腐に投入し、おばちゃんが「もう食べんとき!」と止めるのも聞かず食べ続けた。僕は脳天から、尋常でない量の汗を吹き出し、タオルで拭かなければいけないほどの状態になった。そして僕らは、アジア旅行での激辛フードを思い出し、その話しで盛り上がった。

 メニューはいずれも好評だった。本当ならこの後、アジア風ガーリックチャーハンも作る予定だったのだが、お腹いっぱいになってしまったのでやめにして、更にしばらく話しをしながら飲み続けた。

 ただ、京都に向かう前から、チョコチョコと飲み始めていたという師は、すっかり良い感じになっていて、眠気が襲ってきたようだ。もう寝たいというので、ふとんの用意をして戻ると、何を思ったか急に、「銭湯に行こう!」と言い出すではないか。

 「いや、酔ってるから車で行けないし、自転車で行くと師はコケそうだぞ。止めたほうがいい。」という僕の忠告を聞くことなく、師は、「とりあえず、銭湯に行けるようなズボンを貸せ!」と言う。

 しょうがないので何本か出してみるが、メタボボディーのおっさんのダブダブのズボンは、ダイエットに成功し、すきっとした師には全く合わない。そこで、シャレのつもりで、インドの人力車夫、リクシャーワーラーが履いている、巻きスカートのような「ルンギー」があったので渡してみた。


     
ルンギーとは ↓
Lungi
Lungi / troymckaskle




 さすがは酔っぱらい。師はそのルンギー着用しようとした。しかし自分で巻こうとしてもうまくいかず、僕に巻けという。しょうがないので僕が巻くと、気に入ったらしく、このルンギーを着て銭湯に行くと言いはるのだった。

 「いや、それスカートみたいなもんだから、自転車乗れねーぞ!」と言う僕に、「大丈夫だ!」と言いはる師。「その格好はいくらなんでもやばいぞ。夜も遅いし、警察に見つかったりしたら100%職務質問だぞ!」といっても耳を貸さないので、「じゃあ、おばちゃんにちょっとその格好で行っても大丈夫か聴いてみろよ。」と僕は言ったのだった。

 そして、おばちゃんにルンギー姿を見せて聞いた瞬間に、ダメ出しを食らったにもかかわらず、全く聞く耳を持たずこれで行くと言い張る師。

 「これはかなりの酔っ払いだ・・・。しょうがねえ、激しく面倒だが行くか・・・。しかしこの男、チャリでコケるに違いない。こけなくても、銭湯で寝たりする可能性も大だ。そんなことになったら、かなり面倒だぞ・・・。うーん、どうして断念させるべきか・・・。」と悩んでいたところ、急に師がこう言い放ったのだった。

 「行きたくないなら、俺に一言謝ればそれでいいのに。」・・・と。


 「なんで俺が謝らなあかんねん!!!。」

 その唐突なタイミングと、訳の分からない主張に、僕はたまらなく笑いがこみ上げてきた。そして「なんで俺が謝る必要があるんだよ!」と突っ込んで、僕は激しく笑い始めた。それを見ていた師も、自分の発言を振り返って面白くなったのか、同じように笑い始めた。
 
 そして僕らの笑いは止まらなくなり、いい年したおっさんなのに、腹がよじれるほど笑った。こんなに笑ったのは久しぶりだった。

 その発言で師はすっかり銭湯に行く気を失った。というか、無茶苦茶な謝罪要求発言が、自分も銭湯に行くのはめんどくさくなったいう、自身の敗北宣言だった。

 ひとしきり笑った後、師はバタッと布団の上に倒れ込んで、あっという間にグーグー寝てしまった。

 酔っぱらいおっさんどもの、この日の夜の飲みは終了した。そして翌日、おっさんどもはチャリで京都を走り回るのだった。

 その2に続く

京都土産 京都和菓子

アホなおっさんたちやなと思ったら
クリックで応援!お願いします。

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2012/10/13(土) 20:34:47|
  2. 色々な話し|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

  

コメント

師の家でゆったりとさせてもらったよ。ありがとう。師よ。

しかし、だいぶ酔っ払ってしまったな。こんなやりとりしたのか。
ホントは自分が行きたくなくなったのが、みえみえだよね。

唐辛子、おいしくいただいてるよ。ベランダで乾燥させてるとこだ。
明日、オレのブログに写真をあげるつもりだ。

しかし、銀閣寺、美術館、サイクリング、山に登ったり、ラーメン行脚、盛りだくさんだったな。

今年、もう一回行くよ。

  1. 2012/10/16(火) 19:09:50 |
  2. URL |
  3. 熊猫 #-
  4. [ 編集]

酔っぱらい

 
 二人共、二日間共に夜は酔っ払いだったなあ。特に二日目は酷かったな・・・。

 なお、少しでもうちでくつろいでもらえたのなら良かったよ。

 あと、唐辛子、乾燥させる時は天日干しはダメだからね。陰干しでよろしく。天日で干すと色や味が抜けるらしいんだよ。ま、あの激辛さだと多少辛さが抜けた方がいいかもしれないけどね。

 今年もっかい来るのを楽しみにしてるよ。今度はどこ行くかな?こないだ行けなかった角打ちかな?(笑)

 京都駅近辺B級グルメツアーでもするか。


  1. 2012/10/16(火) 21:03:22 |
  2. URL |
  3. 高鬼 #bBUgYcK2
  4. [ 編集]

そうそう、帰りに土産で漬物を買ったんだけれど、しば漬け、ナスだったよ。
家人もしば漬けはきゅうりだと思い込んでいた。

  1. 2012/10/16(火) 22:22:24 |
  2. URL |
  3. 熊猫 #-
  4. [ 編集]

でしょ

柴漬けは本来ナスなんだよね。で、どうだった?ちゃんと食べられた?

結構癖あるからなあ、京都の本格派柴漬け。

さて、食べ物で思い出したけど、師の土産の浜焼き、凄い脂がのってて身もホクホクでメッチャ旨かったよ。みんな喜んでたよ。ありがとう!!

  1. 2012/10/16(火) 22:39:56 |
  2. URL |
  3. 高鬼 #bBUgYcK2
  4. [ 編集]

他にも千枚漬けとか、買って帰ったが、しば漬けは不評で今もけっこう残ってる。

浜焼き、好評だったか。
よかったよ。

そうだなぁ。
今度は,角打ちツアーに行きたいな。

それは、本格的な山登り。

  1. 2012/10/17(水) 07:13:26 |
  2. URL |
  3. 熊猫 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1480-21cde52e