鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

日本亜熱帯化?

 以前のこのブログでも書いてきましたが、最近の日本の天気に、亜熱帯化の雰囲気を強く感じるのは僕だけでしょうか。



一日一回のクリック、どうかよろしくお願いします。  

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 ウィキペディアで調べてみると、亜熱帯という言葉は、ケッペンの気候区分では区分としてなく、温暖湿潤気候等一部の温帯地域を、そう呼ぶらしいのですが、ちなみに日本では、小笠原や鹿児島奄美群島、沖縄諸島などが亜熱帯に属するようです。

 という事で、最近の非常に不安定な天気、ドカーンとスコールのように大量の雨が降り、鬼のように雷がおき、半端なくどえらい雨になることが多いんですが、正に亜熱帯的な雨の降り方で、更には、その降り方が本当に局地的であることも多く、車で五分走ると、さっきまで晴れていたのに豪雨地帯に入り、またしばらくすると雨の地域から抜けるといったような、もう目に見えて分かるくらい、雨が降っている場所と降っていない場所がわかるような、そんな感じだったりして、ガキの頃のそぼ降る雨の降り方などとは、明らかに違った亜熱帯的スコールを感じる今日この頃だったりする訳です。

 これがまさに、亜熱帯で、それなりに鬱蒼としたジャングルや森林を形成している土地であれば、どでかい水害にもなりにくいのでしょうが、平地が少なく、場所によっては山がおったっていて、また、昔ほど森林が深い訳でもなく、街においては都市開発によって、樹木も、むき出しの地面も少なく、降った雨は全て流れていくところを探して勢いを増してしまう日本においては、こういった今までにない雨の降り方になると、短時間にどえらい水量となって、酷い水害を引き起こすんでしょう。

 なんか昨今、春と秋の境目とかもよくわからないですし、梅雨と夏秋の雨の降り方も、昔と違ってあまり変わらないような気がしますし、今後どんどん、四季がなくなり、まさに亜熱帯のように、雨季(晩春から初秋)と乾季(冬から初春)になってしまうんじゃないかと、そんな風に思ったりする次第です。

 昔のはっきりとした四季の違いがある方が、個人的には好きだったなあ・・・。

レイングッズ

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2012/09/05(水) 23:05:44|
  2. 色々な話し|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

  

コメント

俺も亜熱帯化を感じる一人だよ。
そのうち、マラリア蚊や植生も変わってくるのではないかと思うこの頃だ。

将来的には長野県でリンゴがとれなくなるともいうよね。
確実に日本は香港やバンコクのようになっているよ。

  1. 2012/09/08(土) 16:09:00 |
  2. URL |
  3. 熊猫 #-
  4. [ 編集]

蚊とかは

 昔に比べて、明らかに春先早くに出てきて、晩秋というか、初冬近くになるまで、生き延びている気がするよ。

 パラエリアで蚊にやられる時期とか、明らかに早くなってるもんなあ・・・。

 大体昔は、真夏日(30度以上)とか猛暑日(35度以上)とか、近年ほど毎日のようにのレベルではなかったもんね。

 ちなみにこれ気温上昇が続くと、師が書いたように、本州ではリンゴの栽培ができなくなり、また桜も、沖縄では余り見ることがないように、九州や四国、本州の西側では温暖化による病虫害などで枯れてしまって、なくなってしまう可能性があるらしいよ。

 しかし、桜の花見ができない日本って、ちょっと想像できないし、個人的にはすこぶるいやな感じだよ・・・。



  1. 2012/09/10(月) 17:17:23 |
  2. URL |
  3. 高鬼 #bBUgYcK2
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1463-9004feaf