鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

空港という場所

 過日ルーマニアで、空港に到着したばかりの邦人女子が、空港で出会った男に殺害されるという事件がありました。



一日一回のクリック、どうかよろしくお願いします。  

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 今回の事件のように報道されていなくても、空港絡みで旅行者が事件・トラブルにあうことは、多分無数にあると個人的にはそう思います。

 そこで、海外の空港の幾つかに降り立った経験から、改めて空港とはどういうところであるかということを再認識しておく必要があるのではないかと思い、今回この記事を書くことにします。

 初めての海外や、行ったことのない空港だと、不安になるのは当たり前。そんな空港で途方に暮れていたりする時、優しく声をかけられるとホッとしたりする気持ちになるのも確かに分かります。

 その声をかけてくれた人が、飛行機に乗る人や、飛行機から降りる人しかいない空港内(出国者・入国者しかいない場所という意味での空港内です。)であったなら、その場合、危険性は高くないと思います。

 しかし、そういう場所でなければ、そこにいる人は、乗降者以外は、それらの人を迎えに来た人か、空港の関係者か、タクシーやバスの運転手などがほとんどのはずです。

 大前提として、この事をしっかり認識しておく必要があると思う訳です。

 そう考えると、これから飛行機に乗ろうとしている人や、降りてきた人や、迎えに来た人達が、他所の国から来た旅人に、多くの時間をかけて親切にするだろうかという疑問が出てくるのではないでしょうか。

 飛行機に乗る人は、それなりに時間に追われているはずでしょうし、降りてきた人は、疲れもあってさっさと帰りたいと思っているでしょうし、迎えに来ている人は、目的の人物を探すことに集中することが必要でしょう。

 もちろん、その中にも親切な人はいるでしょうから、時として優しく声をかけてくれる人もいるでしょう。が、そういった人にも、前記の事情があるゆえ、制約があるはずです。よってそういった人達が、「時間があるから、一緒に街まで行ってあげます。」と言うことは、ほとんどないのではないでしょうか。

 そうするとなぜあんなに、海外の空港では、声をかけてくる輩がいるのか???そして空港にもかかわらず、なんの荷物も持たず、手ぶらの輩ばかりが声をかけてくるのか???

 それはそのほとんどが、ぼったくりタクシーの運転手か、ホテルの斡旋などを仕事にするブローカーか、戸惑う異国の海外旅行初心者を食い物にしようとする詐欺師などの、「旅行者を金づるにする目的で空港に来ている輩」だからなのではないでしょうか。

 大体、自分たちのことを考えるとよく分かりますが、僕らはしょっちゅう空港へ行くでしょうか?余程飛行機が好きとか、時としてドライブがてら空港を見に行ってみるとか、そういうことがない限り、空港に行く事はないかと思います。

 そして、もし行ったとしても、わざわざ海外からの旅行者の人に親切にするためだけに、空港の出口で迎えの人たちと一緒に、戸惑う外国の方を探したりはしない訳です。もしそんな人がいたとしたら、かなりキモい人という感じがしませんか?

 そうです。仕事をしているであろう平日の昼間や、良くある海外の安チケットにある超深夜到着の時刻に、僕らが空港にいることなどがないように、もちろん海外でも、そんな時間、というか、いつの時間だとしても、社会一般で言われる「普通の人達」が、飛行機に乗り降りする以外で空港にいることなどはないのです。

 この原則を認識すれば、空港でやたら馴れ馴れしく声をかけてくる人達を手放しで信用することはできなくなると思います。

 ただ、普通に売上を上げたいタクシーの運転手であれば、ただ公式のタクシー乗り場でお客さんが乗ってくるまで待っていればいいだけですし、そこそこ評判のいいホテルであれば、わざわざ空港で客引きなどしなくても、お客さんの方から予約をしてくるはずです。

 そう考えると、自分に声をかけてくる人に、なんだかんだ情報を聞くくらいなら、さっさとツーリスト用のインフォメーションに行って、ぼったくりでない公式のタクシー乗り場を聞くか、公共のバスや地下鉄、鉄道の乗り場を聞くかして、街へと向かうのがいいと思うことでしょう。

 「いや、深夜着だと、インフォメーション開いてないやん!それに深夜は、バスが出てない国とかもあるし。」と思われた方もいらっしゃるかと思います。そのことが正に、深夜着の航空チケットが安い理由。つまり、リスク増ということなのです。

 そういった超深夜着の場合、暗い中で大荷物持って移動するのは怖いし、実際危険度も高いですから、もはやじたばたせず、あえて出国せず、朝になるまで空港内のベンチで寝てる。というのも、自己の安全を確保する一つの手だったりもします。

 という事で、今回は空港という場所について改めて考えてみました。個人旅行などで海外に行く方に、少しでも参考になれば幸いです。

海外旅行 旅行グッズ

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2012/09/03(月) 21:26:35|
  2. 色々な話し|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1461-3d7a0b61