鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

アプローチでの意識のズレ その2

 先日、アプローチでの意識のズレについて書きましたが、もう一つ、操作上でアプローチの際にずれている事例があるように思ったので、今回はそれについて書いてみます。



一日一回のクリック、どうかよろしくお願いします。  

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 前回記事はこちらよりどうぞ↓
http://onitobi.blog20.fc2.com/blog-entry-1440.html

 この間、風がそこそこ強く、また、ランディング近辺でブローも上がりやすく中々下がらないといった条件の時があったのですが、その際にアプローチをしている方々を見ていて、ふと思ったことがありました。

 「なぜ、風が強く下がりにくいのにもかかわらず、ランディング手前のアプローチの時点で、ブレークを押さえ気味もしくは押さえてしまっているのだろうか??」・・・と。

 風が強く、また、下がりづらい時には、ブレークはあまり使わずに、グライダーを飛ばしてやることが必要かと、個人的にはそう思うのです。機速がある方が、強い風の中では、旋回も押さえている時よりは切れますし、またブローが来た時の迎角の上がりに対しても押さえている時よりはずっと抑止力があります。また、機速が速めの方向で保っていることにより、ランディング手前である程度高度を落とし、気持ち低めでランディングに入り、それでも伸びそうな時には、ブレークの押さえで沈下を促すということができます。

 しかし、ランディングの手前のアプローチの段階から、必要以上にブレークを押さえてしまって機速を落としてしまうと、旋回しづらく、そんな時に下降気味の風にあたったりしてしまうと、思った以上にランディング手前で高度を下げてしまったり、ランディングに入って高いような場合にブローに突き上げられたりすると、それ以上押さえると危険な状態になり、そのまま伸ばさざるを得なくなったり、また、ランディング手前で低くなりすぎるとショートしてしまうので、それを防ぐために、その時点で慌てて手を上げて機速を上げようとしても、風が強いが故に中々機速が上がらず間に合わない、といったような、基本コンセプト間違いによる後手後手の対応に、なってしまいがちなように思う訳です。

 さて、ここで考えて頂きたいのは、前回の意識のズレその1においての、強風時のコンセプトである、「ターゲットの少しだけ先に意識を持っておくということです。」

 少し先に意識を持つためには、ブレークを押さえるのではなく、開放している方に、部がある方とは思えないでしょうか?

 実は、条件とコントロールの関係についても、ちゃんと合理的な必然性というのがある訳で、この辺りがずれても、やはり上手くいかないことが多いのではなかろうかと、そんな風に思った次第です。

 何より、個人的には、ランディング近辺において『必要以上に』ブレークを押さえることによる、「引き代の少なさ。」(コントロール域を自身で狭める行為。)は、フルブレークをしたり、危機的状況においてのスピードコントロールを行う際に大きなリスクになると思っていますのでお勧めできないと思っています。

 もちろん強風で更に荒れていて、ターゲット云々など関係なく、できるだけグライダーを潰さず動かさず降りたいという時などは別ですが、普通に強風であるような時は上記の様に思いますので、必要以上に押さえグセのあるような方は、一度ご自身のアプローチ時の手の位置などを、確認してみられるのはどうかなと、そんな風に思う次第です。
日焼け止め サングラス

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2012/05/20(日) 00:02:40|
  2. パラグライダー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1442-c86cf2db