鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

テイクオフについて

 テイクオフについて先日ある方と話しをする機会がありました。



一日一回のクリック、どうかよろしくお願いします。  

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 ちょうどその時、エリアではサイドの風が吹き、テイクオフが若干しづらい感じになっていたのですが、僕らはランディングにいて、もう一回飛びますかといったような話しになった時、「いやあ、テイクオフ失敗したら嫌やからなあ。スタチンとかめっちゃ嫌ですし・・・。」という話しが出た訳です。

 そこで、こんな話しをさせてもらいました。

 サイドの風などでテイクオフしづらい時は、誰でも失敗する可能性がありますよね。だから、まず最初に立ち上げる時は、ゆるゆると失敗するつもりでやってみるんです。

 それで成功したらラッキーってことでいいですし、もし失敗したとしても、最初から失敗するつもりでやってますから、さして助走もしてないですし、グライダーもごっつ傾いたりして、再度セットアップするのにメチャクチャ時間がかかるということもないですし、それに、これくらいの失敗であれば、誰も「はよでーよ!」とか思わないじゃないですか。

 っていうか、そんな失敗するような風では、あまり出たいという人もいないでしょうから、元々そんなにテイクオフしたいというニーズもないはずです。ですから、1,2回失敗するような気持ちで行っても、特に沢山の人に迷惑をかけることもない訳です。

 そんな気持ちで行けば、最初から決めてやろうと気負うことも無いですし、一度失敗する気持ちでインテークに風を入れれば、その時の風の強さや、風向き、キャノピーの上がり方なんかを確認することもできます。リバースでやるときは失敗というより、1、2度キャノピーにエアを入れて少し上げて落とすということをすることで、同じようなことを確認することができますし、そういった形でゆるゆるな感じの気持ちでやった方が、うまくいきやすいでしょうし、スタチンを起こすようなリスクはすごく減ると思いますよ。

・・・と。

 すると、その方は、「今までそういう風に考えたことはなかったなあ・・・。言われてみると確かにそうかもしれませんね。気分的になんか楽になりました。」とそうおっしゃいました。

 という事で、時にはこんな感じで、自分を追い込むのではなく、楽な感じにさせてあげるというのも、パラグライダーでは必要かとそんな風に思う次第です。

 風が悪い時に無理にこわごわ飛んでいても、誰もそれであなたの事をとてもうまいパイロットだなんて思わないですし、荒れている時に怖いからといっておりても、自分が思っているほど臆病者だとか思われません。

 残念ながら、上記のように自分が思ったとしても、あなたが思うほどはあなたのことを気にしている人はいなかったりしますので、むしろなんも思われてなかったりするのです。

 そんな訳で、時にそういった感じで逆に自分が他の人のフライトやテイクオフやランディングをどんな風に思っているかと考えてみると、とても気分的に楽になったり、少々のミスは許せたり、人の目を気にして無理をしなくなったりして、大きなリスクを未然に防ぐ大きな助けになるかと思います。

 自分なんか未だに、風が悪い時なんかは、「いやあ、ごっつ失敗しそうな気がするわあ。とりあえず1回は失敗しますんで。」とか大きな声で言って、失敗する宣言して気分を楽にすることも多いですから・・・。

 「テイクオフは一発で決めな絶対あかん!!」と思いすぎている方、時にはこんな感じでゆるく行ってみるのをオススメします。


※ ふと、なんか同じようなこと前に書いたような気がするなと思って調べたら、ほとんど同じようなことを過去に書いてました。よろしければこちらも↓ご覧下さい。
http://onitobi.blog20.fc2.com/blog-entry-1019.html

速乾Tシャツ

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2012/05/06(日) 01:34:18|
  2. パラグライダー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1434-b18a298f