鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

AC法についての質問

 ある方からAC法についての質問を受けました。



一日一回のクリック、どうかよろしくお願いします。  

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


<質問> 風がかなり強い時に、Cをかなり使ってキャノピーをゆっくり上げていく形でやっていたところ、急に強い風になり、更にCを引っ張ったがふっとばされそうになりました。こういったかなり強い風では、Cはどのような形で使えばいいのでしょう?


 と、こんな質問だったのですが、実はAC法と言ってはいますが、「風が強くなればなるほど、Cは使わないようにする。」というのが最大のコツだったりするのです。

 このブログのAC法過去記事でも書いていますが、AC法は、大きなテンションを掛けてもさほど大きくは効かず、また、急にテンションを掛けてもすぐに動かず、緩やかにしか反応しないCライザーで修正を行うため、急な突風や、大きな傾き、大きな振れ幅の風邪の強弱などに対してのコントロールは、苦手なのです。

 AC法は、「強風での立ち上げに際しての、風やキャノピーの傾きなどの変化に有効な方法。」ではなく、「普段から傾かせず、また大きなコントロールを使うことなく、基本的にはステップをメインとして使うことでグライダーを立ち上げていく方法を会得できるので、強風時においても大きなリスクがなく、また、ある程度の強風においては、Cライザーを使用することで、キャノピーの上がるスピードをコントロールできたり、吹き飛ばされそうになった時の対応が、ブレークよりも穏やかであるためにリスクが少ない。」という点で有効であるとそう個人的には思っています。

 という事で、そこそこの強風であれば、ある程度Cも使いつつ上げていくことができますが、ある程度以上の強い風になってくると、僕自身も、キャノピーに風をはらましている時に吹き飛ぶのを防止するためか、立ち上げ初めにキャノピーを落とす為にCを使う以外は、大きくCを使うことはなく、むしろ、ステップを多用し、キャノピーが上がりそうになった瞬間から、キャノピーの下に素早く入っていくような形でステップを使い、また、多少の傾きも素早いステップでキャノピー中心に入ることで修正するという形を取っています。

 まずはステップありきという、AC法の根本を徹底して頂き、Cについては慣れてくればくるほど使わないようにしていく、というのが、よろしいかと思う次第です。

 「んじゃあ、すごく強い風の時は、AC法とか言って普通にブレークでやるのと変わらんじゃないか!」と思われるかと思いますが、全くもってその通りです。かなり強い風の時には、ブレークも、Cも使うことなく上げていくというのが、一番リスクのない方法だったりしますので、そこは共通する訳です。

 ただ、上がる途上で傾いて、落としたいと思った時に、タンデム機のようなどでかいキャノピーであっても、テンションを抜いてあるタイミングでCを使うというコツはいるものの、ブレークよりはるかに楽な形で、リスクが少なくグライダーを落とすことができること。前述の様に立ち上がってくるスピードをある程度Cでコントロールできるということ。また、ダイレクトに効くブレークより、危険度が少ないと思われることなどから、強風時の立ち上げに有効であると、そう僕自身は思っている次第です。

 という事で、上記質問の答えとしては、繰り返しになってしまいますが、

 かなりの強風時には、できるだけCでコントロールしようとせず、まずはステップを使うことを基本とし、Cについてはコントロールと言うより、キャノピーを落としていく際に使用するといった感覚で使って頂くのがよろしいかと、そんな風に思います。

 なお、AC法についての過去記事については、当ブログ右下にあるブログ内検索にて、「AC法」と入れて検索して頂けば、なんだかんだ記事が出てきますので、よろしければまたご覧になってみてください。

 また、「AC法、中々要領が分からん。」というご意見も時に伺いますので、質問などありましたら、コメント欄やブログ右下のプロフィール欄にあるメールフォームを使って、お気軽にご質問下さい。

 AC法については、ユーチューブの動画もかなり閲覧して頂いているようでありがたい限りですが、動画についてはまた、参考になるかどうかわかりませんが、新作動画をアップしたいなと、そんな風にも考えている次第です。



関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2012/04/08(日) 23:20:20|
  2. パラグライダー AC法|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1418-3e3fdbb2