鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

北白川バッティングセンター

 うちからチャリで15分程の白川通り沿いに、北白川バッティングセンターというところがありました。



一日一回のクリック、どうかよろしくお願いします。  

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ

 僕は小学生低学年位から、親父と一緒に、ここのバッティングセンターに行き、そして中学生以降は、時に友達と一緒に、そして時に一人で、バッティングやゲームをするため、ここ北白川バッティングセンターに良く行っていました。

 学生の時の僕はヤンキーではなく、また、外見的にも全くヤンキーの要素はなかったのですが、生活はある意味、ヤンキーよりたちが悪く、深夜チャリで家を抜け出して、ゲームをしに行ったりしていました。

 普通なら、楽勝で補導されるところなのですが、中学生にして高校生に見られ、そして高校生にして美容院で、「今日はお仕事はお休みですか?」と言われるくらい、かなりのおっさん顔だった僕は、更に平然と嘘をつける腹黒い性格もあって、自分より年上のヤンキーがガンガン補導されている中でも一度も捕まることなく、「きたしら」を楽しんでいたのでした。(チュートリアル徳井氏は、「北バチ」と略していたようですが、当時の僕らは仲間内でここのことを「きたしら」と呼んでいました。)

 最初の頃は、バッティング設備と、ちょっとしたゲームコーナーしかなかった「きたしら」でしたが、その後、ゲームコーナーが拡大し、更にはメダルゲームコーナーなどもでき、その上カラオケや、卓球やビリヤードなども置かれるようになり、その頃にはちょっとしたアミューズメントスペースへと変わっていきました。そんな中、僕はゲームオタクの陰気なにーちゃんだったこともあり、昔のゲームが10円や50円で遊べるという、レトロコーナーに入り浸っていたのでした。

 時は流れ、僕は京都から出て生活するようになり、きたしらに行くこともほとんどなくなりましたが、里帰りの時たまに、ふらりと寄ったりすることもありました。僕にとって「きたしら」は、ガキの頃からの、懐かしい青春の一ページを飾る場所だったのです。

 おっさんになってから行く「きたしら」は、自分が行っていた当時程の隆盛は全く極めておらず、僕が好きだったレトロゲームコーナーは、相変わらずそのままあったのですが、古ぼけた感じの内装と共に、いかにも古臭いゲーセンといった趣をかもし出していました。

 また、最新ゲーム機が置いてあるコーナーも、家庭用ゲーム機や、携帯ゲーム機の普及によるものなのでしょう、ゲームセンターでゲームをやる子供や若者などほとんどいないからだと思うのですが、閑古鳥が鳴いていました。

 ただそれでも、バッティングコーナーやカラオケ、ビリヤードや卓球コーナーには、そこそこ若者もいて、まあ、なんとか営業はできているんだろうなあと思っていました。

 なお、すっかりおっさんになり、京都に帰ってきた近年は、きたしらに行くことはほとんどなくなり、僕にとってのきたしらは、白川通を通る時に車から見るくらいのものでしかなくなっていました。

 しかし最近、ふと、久々に「きたしらにでも行くか。」と思いたったのです。そこで、事前にちょっと調べておこうとネットで見てみると、なんと北白川バッティングセンター(正式名称はスポーツランド北白川らしいです。)は、昨年、2011年11月28日で閉店していました。

 正直、かなりの衝撃と寂寥を感じました。おっさんの青春スポット、「きたしら」が、まさか潰れてしまうなんて・・・。

 そんな日が来ることなんて、全く想像だにしていなかった僕には本当に驚きで、そしてまた、自分がもう完全なおっさんになったんだなということを、改めて苦く噛み締めたのでした。

 ありがとう「きたしら」そしてさようなら「きたしら」。できることなら潰れる前に、もう一度見ておきたかったなあ。

 ちなみに、跡地は大手スーパー「ライフ」になるらしいです。先日前を通りかかったら、既に建物は壊され、工事が始まっていました。

ゲーム機 ゲームソフト
関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2012/03/19(月) 23:00:04|
  2. 色々な話し|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1407-43972db2