鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

オレたちの深夜特急 ネパール編 ポカラ3日目

 現地ガイドを雇って、ちょっとしたトレッキングツアーに出かけた僕。二日目となるこの日は、朝6時頃に起床して、山の朝の景色を堪能した。



一日一回のクリック、どうかよろしくお願いします。  
人気ブログランキングへにほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 宿の外に出てみると、多少のモヤはあるものの、より高い山の景色も、眼下に広がる麓の景色もばっちり見え、とても綺麗だった。残念ながら日の出の瞬間は見逃してしまったが、朝焼けの赤から、徐々に青へと変わっていく空や山の景色や、梅なのか桃なのかの花も咲いた近場の景色も半ば幻想的で、その景色を僕は心から堪能したのだった。

 朝ごはんにチベッタンブレッド(チベットのパン)を食べ、展望台に景色を見に行ったあと、宿を出発してサランコットへと向かう。
どこまでも続いている段々畑や、猿の群れにすれ違ったりしながら、急な坂を下りまくり、サランコットへ向かうバス停に到着した。

 バス停にはオランダから来たという老人がいて、少し話しをしたのだが、僕のトレッキングの行程を聞いたその老人は、「そりゃトレッキングじゃなくてウォーキングだな。」と言った。

 確かに山を本格的にやっている人間にはそうかもしれない。が、冗談めかしてではなく、わざわざ真顔で言うことでもないだろうと、僕はかなり不快に思った。まあ、外人特有の歯に衣着せぬ物言いで、全く悪気などなかったのかもしれないが、どうも僕はその老人の物言いに、嫌なものを感じたのだった。

 しかし、そんな気分もバスに乗り、周りの景色を見て、昼ごはんにちょっとまずいチャオメン(炒麺)を食べた頃にはすっかり和らいでいた。そして、バスは走り続け、15時半頃に僕らはサランコットに到着した。

 しばらく休憩して、僕らは頂上にある展望台に登って景色を眺めた。さすがはツーリストがこぞってご来光を見に来るというスポットだけあって景色は抜群だ。

 またも景色を堪能し、宿に帰ってから夕食。この日の夜はサブリという、ロティ(ナンのようなパンのようなもの)2枚に具を詰めた、サンドイッチピザと言った趣のものを食べた。これがかなり美味しかった。そして僕は更に調子に乗って、炒麺まで平らげたのだった。

 ガイドのデブラージュは二日目も変わらず親切で気が付き、一緒にいて悪くない感じだ。ただちょっとだけ喋り過ぎなのが玉に瑕だが・・・。けれど、空気を読んでそっとしておいてくれる時もあるのでありがたい。宿で言葉の不自由など無く快適に過ごせるのも、レストランでネパール独自の美味しい物を食べられるのも、小学校の見学やちょっと道を外れての観光も、全て彼のおかげだ。僕はこの日もそんな彼に感謝しつつ、眠りについたのだった。

つづく

この記事は、リンクコラム形式になっており、記事中にも出てくる熊猫師(師)のブログ、「BBB」Baseball馬鹿 Blogでは、同時期における、彼の視点から見たアジア旅行について書いています。(アジア旅行編第一部は既に完結。)楽しんで頂けるかと思いますので、

↓ こちらをクリックして頂いて、
「BBB」 オレたちの深夜特急シリーズ
是非ご覧下さい。

※このアジア旅行は1996年から1997年にかけてしたものです。現在の各地の現状とは大きく違うと考えられますので、旅行者の方の情報源とは成り得ないと思います。ご注意下さい。

 <追記>

 この記事は、旅行当時に書いていた簡単な日記を元にして、ほぼそれを再現する形で、面白くないこともだいたいそのまま書き連ねています。この日記を読み直していつも残念に思うことは、そのほとんどの行程を、記憶力のない僕が忘れてしまっているということ・・・。この記事で書いているトレッキングの事も、今ではほとんど記憶がない状態だったりします。

 写真をもっと撮っていれば、思い出すことも多かったのかもしれないのですが、当時はまだデジカメが出たばかりで高額だったため、フィルムカメラしか持って行っていない上に、元々写真を取るのが好きではない僕は大して写真を撮る事もなかった故に、写真を見て思い出すということも出来なかったりで、「もっとガンガン撮っておけば良かった。とか、日記をもっとまめに書くんだったなあ。」とか、そんな風に思ったりもします。

 ただ、写真を見ても「こんなとこ行ったかいな?」とか、日記を読んでも「俺そんなことしたん?」みたいな状態の自分の場合は、何書いても、何撮ってても、結局は覚えられていないのですが・・・。
バックパッカー バックパック トレッキングシューズ キーン

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2012/02/26(日) 23:40:36|
  2. 俺たちの「深夜特急」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1396-929f255f