鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

シリアルグライダーコンペの今後を勝手に予測する

 認証のあるグライダーでの競技(コンペティション)が、今年から世界各地で本格的に開催されていく訳ですが、そのシリアルグライダーでのコンペを、今回は特に根拠もなく、勝手に予測していきたいと思います。



一日一回のクリック、どうかよろしくお願いします。  
人気ブログランキングへにほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 グライダーについてはPWCスーパーファイナルにて、既に認証を受けたコンペ用グライダーが出てきていますので、今後についても、認証内で更に高性能を求めて、開発が続いていくことが予想されます。現状では各社、認証コンペ機が出たばっかりなので多少性能差はあるような感じがしますが、今季中盤には、その差もあまりなくなってくるのではないだろうかと、個人的にはそんな風に思っています。

 この、シリアルコンペ機については、今後画期的な新しい何かが現れて、グイッと性能を上げる事ができるのかどうかが、注目になるかと思います。ただ、その新しい何かがしばらく出ないようであれば、各メーカーのグライダー性能差は、さほど大きく出ることなく、コンペではパイロットの腕と、条件読みの能力による、デッドヒートが繰り広げられるのではなかろうかとそんな風に思います。あと、どれ位多くのメーカーが、シリアルコンペ機の開発に本格参入するかどうかでも、グライダー性能の向上については大きな差が出てくるかと思います。

 なお、これはコンペの話しではありませんが、シリアルコンペ機であるEN-D・LTF2-3機と、通常のEN-D・LTF2-3機については、結構乗り口などに差が出てくる感じになるのではないかと思います。結局のところ、コンペ機は、なんだかんだでやっぱりコンペ機という、機体の挙動や性能になるのではないでしょうか。そうなると今後は、2-3グライダーのチョイスが難しくなるという、日本のフライヤー環境にとっては、あまりよろしくない状況も出てきたりするかもしれません。
 
 さて、そんなグライダー性能にある程度の頭打ち感がある現状の中、僕はハーネスの空力性能が改めてクローズアップされるのではないかと、そんな風に思っています。画期的な空力性能が発揮されるハーネスが開発されたとすれば、長い距離のタスクでのロンググライドにおいて、アドバンテージを取れる可能性があるかもしれないとそう思うからです。

 ただ、アドバンテージを取れるくらいの性能差をしっかりと出すハーネスとなると、ハーネス素材や形状まで、全く新しく考え、追求した上で、風洞実験などで如実に性能向上を叩き出す必要があるでしょうから、そこまでコストをかけて、爆発的に売れるものでもないコンペ用ハーネスを作る体力が、ハーネスメーカーにあるだろうかという疑問はあったりしますが・・・。

 それにしても、何が起こっても、競技の世界というのはなんじゃかんじゃで進化していくものですね。まあ、そうでないと、競技をやる意味もない訳ですが・・・。

 さて、どんな風に変わっていくんでしょうね・・・。
登山用グローブ 登山用バラクラバ  登山用インナー

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2012/02/08(水) 23:15:28|
  2. パラグライダー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

  

コメント

意外と、今までのA/B/C/D+オープンから、A/B/C+D(実質コンペ機)という単純な話になるかもしれませんね。最近は新しい機体を出す際に、直前に出した上級機の性能を越えないように苦労したらしい、なんて噂も聞きますし。

グライダーの進化、市場の大きさ、開発にかけられる人数などを考えると、分類が少なくなる方が良いのかもしれません。

  1. 2012/02/21(火) 07:03:02 |
  2. URL |
  3. YY #mQop/nM.
  4. [ 編集]

どうなるでしょうね

 確かにYYさんがおっしゃるような感じになるかもしれませんね。

 僕自身は、海外ではC判定が多いDクラス機の需要は、クロスカントリーフライトなどにおいてそこそこあるように思いますし、また、自社技術の発展のためやフラッグシップ機としてDクラス機を持っていたほうがいいということからも、結局今まで通り、A/B/C/Dと、レギュレーションの入ったDコンペ機という形でいくような気がします。

 日本においては、サーマルコンディションが渋い事や、パラ愛好者にベテランや競技者が多く、Dやコンペ機と言われるものが多くエリアで見られますが、世界的には非常に特殊な状況と言えます。

 個人的にはグライダー選択については、日本人だけがちょっと独特な選択感を持っているような気がします。

 ファンフライヤーの多くは、B かCクラスに乗っていますので、世界的には既にボリュームゾーンはA・B・Cクラスオンリーになっていると言っても過言でないと思います。
 
 そう考えると、既にYYさんがおっしゃっている状況になっているとも言えますね。

 コメントありがとうございました。

  1. 2012/02/22(水) 18:49:25 |
  2. URL |
  3. 高鬼 #bBUgYcK2
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1390-bf1490b1