鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

KEEN キーン PYRENEES ピレニーズ

 この前の記事でも書いたのですが、山歩き用と、パラグライダー用に、キーンのピレニーズというモデルを手に入れました。


 昔パラグライダーを始めた頃は、足を守るべく、ごっついパラ専用シューズを持っていたりしたのですが、パラを仕事にしてからは、ツリーラン回収で木に登る際にごっつい靴だとうまく登れないことや、そこそこフライトの経験も積み、パラのランディングがましになり、足がグキッとなることもなくなってきたこともあり、普通のアウトドア系のローカットシューズを履いていました。

 その流れで、ここのところはキーンのローカットモデルタージー2(最近はターギーって呼ぶようになってきたようですが・・・。)を履いていた訳ですが、山歩きをすることが多くなり、またおっさんになってきて体力が落ちてきているであろうことや、最近ではツリーラン回収をするようなこともなくなってきたので、山歩き用とパラ用に、ミドルカットのシューズを買うことにしたのです。

 タージー2のミドルカットとどちらにしようかと少し考えましたが、ローカットで持っていてデザインが同じようなのも面白くないし、ピレニーズは見た目が落ち着いた感じで、いかにもそれらしい登山靴という感じでもなかったので、普段履きにもいけそうだと思い、こちらにしてみました。

 まずはパラグライダーで使ってみたのですが、さすがはミドルカット。くるぶし辺りまでしっかりガードされているので、足首のホールドが良く、グキッとなる要素がかなり軽減されています。また、そのしっかりしたソールのごつさのお陰か、衝撃吸収も悪くないようです。やっぱりパラの靴はミドルカット以上!と改めて思った次第でした。

 そして、次に山歩き。そこそこ急峻な斜面や、落ち葉いっぱいの滑りやすい道、ぬかるみやちょっとした雪道、アイスバーンなど、結構いろいろな路面条件で歩いてみましたが、いずれでもグリップ力は悪くなく、ホールド感も十分なレベルで、非常にバランス良く歩きやすいと感じました。まあ、これについては、今までミドルタイプのシューズで山歩きをしなかったから故に、よりその良さを感じているだけかもしれませんが・・・。

 なお、ちょっとした小雨の中を傘なしで、また、雪道で積雪をガスガス踏みつけながら歩きもしましたが、浸水も滲みもなく、防水性はタージー2と変わらず良好でした。また、その防水性のお陰で靴が汚れづらく、落としやすいという利点もあったりします。

 残念ながらまだ履き始めたばっかりで、若干硬い生地素材にこなれていない部分があって、そこが足に当たるといったようなこともなくはないですが、ここ数回の使用で、見るからに馴染んできて改善してきていますので、今より更に良い感じになるであろうと楽しみにしています。

 なお、相変わらずキーンの靴は、僕の甲高・幅広の足にちょうどいい感じでフィットしています。なんと言っても、これが一番、靴のチョイスでは大切な事だと思いますし、それ故に僕がこの靴を気に入っている最大の理由でもあります。

 靴だけは、人の足それぞれで、その履き心地は全く違うと思いますので、僕と同じようなタイプの足をしている方に、試してみる選択肢の一つとして、参考にして頂ければと思う次第です。

 輸入物なので、関税や輸入業者のマージンのせいで無駄に値段は高いのですが、結局長い間履けるので、まあいいかなあと、そんな風に思っている次第です。ちなみに、モデルチェンジ前の秋から冬に在庫を売り切ろうとする業者さんがネット販売などで結構値引きしている時もありますので、安く買うならこちらが狙い目かと思います。




    





関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2012/01/17(火) 23:10:12|
  2. 色々な話し|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1379-ac4cf39c