鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

オクターが来て半年が経過しました

 うちの家に6月初旬、オクターが来てから、もう半年以上が経過しました。



一日一回のクリック、どうかよろしくお願いします。  
にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ人気ブログランキングへ

 うちに来た時の体重は、4.3kg。それが今ではなんと28.8kgにもなっていて、来た時から比べると約7倍。僕らの見た目の感覚では、もうごっつい大人なんですが、散歩に行った時に他のレトリバーと比べたりすると、体つきとか行動が、やっぱりまだまだ子供です。

 ちなみに、犬の年齢を人間の歳に換算する表とかを見ると、今大体、8歳から12歳程度ということなので、小学校高学年から中学一年生って感じのようです。たしかにそう考えるとまだまだチョカチョカしている気もします。

 ただ、さすがに盲導犬候補になるような犬だけあるからか、賢いのは賢い気がします。較べるのが申し訳ないのですが以前うちにいた雑種犬のインディーさんとは、ちょっとレベルの違う賢さを持っている気がします。

 最近は、「もう遅いから、家で寝ろよ。」とか、「こんなトコ(コタツの中とか)で寝てんと、ちゃんと家に入って寝ろよ。」なんてことを言うと、ちゃんとケージに自分から入っていって寝たりしますので、ある程度こちらの言っている言葉を認識しているようですし、また、空気を読んだり、何を思っているかを察知したりする能力等も、高いような気がします。

 まあ、それは犬種が違うとか言うのも、大きく影響しているのでしょうが・・・。

 って事で、最近の自分は、「血統というか遺伝子というのは、やはり非常に大切な要素だなあ・・・。」などと思っていたりします。競馬とかで血統マニアがいますけど、以前は「そんなもんあんまり関係ないんちゃうか。」と思っていたのですが、最近は、「確かに重要やな。」と思っていたりする次第です。

 さて、そんな訳でオクターがやってきて約半年。これからあと半年面倒を見た後、オクターは関西盲導犬協会の訓練センターに入所する訳なんですが、いやあ、おっさんになるとほんと半年とかあっという間やなあ・・・。もう半分過ぎたか・・・。
 
 まあ、残り半分の期間も、楽しく、そして時に厳しく、けじめある中で楽しく過ごしていきたいと、そんな風に思っています。

 ちなみにおばちゃんは、日々オクターとの別れを思って悲しんでいたりします。まあ、このことに関しては、実はオクターがやってきた日から事あるごとにおばちゃんが考え、恐れおののいていることな訳ですが・・・。

 あと毎日、「大きなったなあ・・・。」「かしこなったなあ・・・。」「かわいいなあ・・・。」とアホのように繰り返すので、僕に、「何回もうるさいねん!!おばあちゃんか!!」と日々叱られていたりもします。

 という事でとりあえず、おっさんおばはんの若干枯れ気味ではあるものの大きな愛情の中で、暮らせてはいるのではないかとそんな風に自画自賛してはいたりします。

 残り半年も、気ぃ良うやろうなあ、オクター。





IMG_0495.jpg
来たばっかりの時のオクター。
いやあ、小さいなあ・・・。
可愛いなあ・・・。








s-IMG_4497.jpg
今のオクター。
いやあ、メッチャ大きなったなあ・・・。
親馬鹿やからやけど、大きなったけど可愛いなあ・・・。



ペットグッズ ドッグフード 犬のおもちゃ
関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2011/12/06(火) 23:58:21|
  2. 色々な話し|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

  

コメント

我が家は繁殖犬ウオーカーです

育てて下さっているのですね、嬉しいです。

  1. 2011/12/22(木) 08:09:29 |
  2. URL |
  3. ある繁殖犬ウオーカー #Y.PfP7CE
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます

 このようなコメントを頂くと、多くの方の手を渡って託された命、しっかり育てていかんとなあと、改めて思います。

 うちのオクター、とりあえず今の所、すくすく育ってくれているのではないかと思っています。

 さて、お母さん繁殖犬ボランティアの方の場合は、出産後親離れするまでの期間、沢山の赤ちゃん犬の面倒も見られるのですね。

 一匹の乳離れした赤ちゃん犬でも大変だったのに、何匹もの乳児赤ちゃん犬の面倒を見るのは、さぞかし大変で気を使われることかと思います。

 また、お父さん繁殖犬ボランティアの方も、何かと色々大変なのだろうと思います。

 本当にご苦労様&ありがとうございます。

 繁殖犬・パピー・キャリアチェンジ犬・盲導犬・引退犬、それぞれに多くのボランティアの方や、訓練士、協会の方などの手がかかって運営が成り立っている訳ですが、これからもいい感じでそれぞれのバトンを渡していけるといいですね。

 コメント、どうもありがとうございました。

  1. 2011/12/22(木) 17:42:37 |
  2. URL |
  3. 鬼飛 #bBUgYcK2
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1362-8e70392c