鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

遂にPWCでも・・・

 遂にPWCでも、いわゆるコンペティショングライダー(安全機関の認証を受けていない競技用グライダー)の使用を禁止することになったようです。


いつもありがとうございます!!
今後も一日一回のクリック、どうかよろしくお願いします。↓  
人気ブログランキングへ


 PWC公式ホームページによると、http://www.paraglidingworldcup.org/
今後の大会については、シリアル機(LTF2-3)以下のグライダーで、行われるようです。

 パラグライダーの大会運営で世界最高レベルの安全実績を持つワールドカップにおいても、と、言っても、それでも起こる時は事故は起こっている訳ですが・・・、責任問題や保険などの問題で、コンペ機の使用を継続するという事は、難しかったようです。

 今後は、グライダーレギュレーション(規制)がある中での、メーカーの性能開発の凌ぎ合いが起こり、また、選手においては、劇的な性能差がない中での、腕の見せ所といった感じになるかと思うのですが、それはまたそれで、今までと違った面白さがあるかと思うので、どんな風になるか注目してみたいと思います。

 ただ先日のエックスアルプスで、その卓越した飛びの技術と、常人では乗りこなせないような難しいグライダーを手足のように操るといった芸術的コントロールを見せたであろう、クリスチャン・マウラーのような、飛び抜けた選手がダントツで勝つといったようなレース展開には中々ならないかと思うのですが、それはちょっと残念なような気もします。
 
 さて、今後パラグライダーのワールドカップなどの高いレベルの大会での戦いは、どんな風に変わっていくんでしょうか?

 ちなみに日本においては、気象条件や、タスク設定や日程の点から考えると、個人的にはグライダーが変わってもそんなに大きくなにかが変わることなく、むしろ安全面という点では、非常にいい効果が出るような気もしていたりします。たまにしか乗らないのに、コンペ機乗るのは危ないですしね・・・。

 しかし、自分のグライダーも「コンペ機」ではなくなってしまったなあ・・・。かぶいたアスペクトの危なそうなグライダーになってしまいました・・・。はーっはっは。

 って事で、今度から俺の元コンペグライダーを見たら、「よっ!過去の遺物!かぶいてるねえ。」とか、「かっくいいねえ、漢のグライダー。」って言ってください。


パラグライダー タンデム
関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2011/08/28(日) 23:52:33|
  2. パラグライダー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1336-cd49f772