鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

ついに・・・

 ついに、日本のパラグライダー大会においても、2ライナーコンペ機について、最初の対応が出たようです。


皆様のお陰でランキング上昇中です。いつもありがとうございます!!
一日一回のクリック、どうかよろしくお願いします。↓  
人気ブログランキングへ

 まず、JPAの競技規定が改訂になったようです。

http://www.jpa-pg.jp/07info/2011/0802rule/

 こちらによると、既にFAI・CIVILの決定では、世界戦などのカテゴリー1の大会では、認証のないいわゆるコンペ機での大会参加は期限なしで禁止となったようです。そして、カテゴリー2大会(各国内リーグや国内チャンピオンシップなど)においても、コンペ機の使用を中止することを要望するとのこと。

 要するに、国際的にパラグライダーを統括する団体としては、今後大会でのコンペ機使用はやめたいということのようです。

 そして、ドイツ、イタリア、スペイン、韓国では既にこの件について検討され、国内リーグにおいても上記決定を受け入れると言う結論を出したようです。

 ちなみに日本で、FAIから認められているパラグライダーの正規統括団体「日本ハング・パラグライディング連盟(JHF)」HPでは、現在のところ、パラグライダー世界戦の報告記事で、そのような問題が起こっていると報告して以来、この事については何ら情報発信されていません。

 しかし、正規団体より任意団体の方が、国際的正規統括団体からの情報公開が早いとは・・・。全く皮肉な話しです。
(8月16日追記。実は7月17日に、競技委員会のページで報告がなされていました。よって、上記情報公開が遅いなどといった記述は間違いです。申し訳ありませんでした。)

 まあ、JHF協賛・主催大会にも出ておらず、特に何らのメリットもないのでフライヤー登録(JHF会員)をやめた僕には、そんな事を言う資格はありませんが・・・。

 という事で、この件を受けてJPAサイドはとりあえず、オープンクラス大会での参加可能グライダーの規定を「2ライナーコンペ機使用禁止。」に急遽変更したようです。

 うーん、2ライナーに変更したてのコンペティターにとっては、泣くに泣けない大打撃でしょうね・・・。せっかく大会の為に買ったのに使えないなんて・・・。なんと言っても「コンペ」機な訳ですし・・・。

 で、JPAにおいては、オープンクラスのルールがPWCルールに準拠しているという事で、8月のPWC総会での結論を待って、使用可能グライダーについて最終決定をするようです。

 2ライナーグライダーの使用が継続されるのか、それとも、コンペ機と言われる物自体の使用が全て禁止されるのか、それとも、他の新たな規定が作られるのかについては、このPWC総会が鍵を握るようです。

 今後、どうなるかに注目したいと思います。

 という事で先日、久々に昼ギンギンの条件(といっても夏な訳ですが)で3ライナーコンペで飛んで、「怖っ!!」と思ったおっさんが偉そうにお送りしました。

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2011/08/10(水) 22:19:52|
  2. パラグライダー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1326-7eba635e