鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

梅干しに赤紫蘇を入れました。

 親父が自家菜園でできた赤紫蘇を収穫してきたので、早速漬けてある梅干しの中に投入しました。

 梅干し作りにおける、赤紫蘇の投入についての注意点は、とにかく菌を混入させないこと。流水でまめに洗い、キッチンペーパーなどでしっかり水気を拭き取り、大きなボウルに入れ、塩を振り、ガッスガッスと力を入れて揉み込みます。

 たちまち出てくる黒紫系の汁&アク。うちの親父が作る赤紫蘇は、赤紫蘇と言いつつも、無農薬栽培だからなのか、土壌の具合なのか、それとも日照など気候のせいなのか、何故かあまり赤くなく、赤緑や緑のものも多いので、こんな汁が出ます。

 これは昨年も同じで、前回は初めてだったので非常に不安を感じながら作業をしたのですが、今回は慣れたもんで気にせず作業進行。これでもかと揉みこみまくって、アク汁を搾り出して玉状にした後、梅酢でほぐして漬け込みます。

 梅酢を入れると、みるみるうちに鮮やかな赤色へと変わっていきます。う~~ん、昨年に続いて科学実験・・・。

 という事で、今年も無事紫蘇の漬け込み完了です。あとは、カビが生えないよう注視しながら、土用干しまで待つという感じです。

 さて、今年はかなりの減塩タイプ(塩10%)ゆえ、カビが生えやすい面があります。漬け込んで数日経っているので、ちょっとこの後チェックしてみることにします。


関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2011/07/13(水) 22:15:16|
  2. 色々な話し|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1308-526f88a9