鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

AC法 リバースハンドテイクオフについての補足

 AC法の動画をアップしてから、ソロではありませんでしたが何度かタンデムでフライトする機会があり、それもたまたま、条件が結構な強風下という事もあり、自己のリバースのやり方について、最近ほとんど気にしていなかったのですが、改めてどんな風にやっていたか確認することできました。今回はそれについて書いてみたいと思います。


 
 アップした動画では、地上で、斜度もない平地でやっていることもあり、そこそこの強風ではありましたが、なんだかんだ手を動かしたり、ステップを使ったりしてかなり動いています。これは、AC法の動きを説明するが為に、大きめに動いた方が分かりやすいだろうと思ったこともあり、やっている部分というのもあったりします。ま、ヘボいが故という理由ももちろんありますが・・・。

 しかしテイクオフでは、こんな風に大きく動いたり、細かく調整するというのはリスクを増やすことになってよろしくないのはまた自明です。事実、それなりの強風で、タンデムで立ち上げをした時は、パッセンジャーをできるだけ動かしたくないというのと、リスクを減らしたいという理由から、ライザーでの傾き修正などはほとんどせず、頭上まで一発で上げ、その後、状況によって先走りを防ぐために押さえるという事をしていました。

 また、一度かなりな強い風で出た時は、その前のテイクオフにおいて前に出過ぎて、しっかり風を入れすぎてしまったが故に、立ち上げ時にパッセンジャーを後ろごけさせてしまいそうになってしまったので、そんなヘボい立ち上げでお客様に恐怖を与えてはいけないなと、その次は、わざと押さえなくてもいいように、風が入った瞬間から凄い勢いでライザーのテンションを弱めることで、押さえることなく頭上でグライダーを止め、ゆっくり振り返ってほとんど助走することなく飛び立つ事が出来ました。

 つまり、このくらいの強風(多分3~5m程)になると、AC法であるとか、普通のリバースであるとか、もはや方法は関係なく、「風がきれいに正対して入るようセッティングし、大きく修正することなく、また大きく押さえなくてもいい状態で頭上まで上げていく。」事が必須になるが故に、実は修正についてはあまり関係なくなってくる訳です。

 「修正をほとんどせず、きれいに上げる。」のが、強風時の、リスクのないリバースでの立ち上げなのです。

 という事でAC法は、「修正をあまりしない。」立ち上げに慣れる為に有効で、また、リスクを少なくできる方法としてお勧めしている訳です。そんな事で、僕の場合も、そこそこの風が吹いている時については、立ち上げ前にきれいに風を入れて落としやすいとか、吹っ飛ばされリスクが少ないということでAC法の持ち方をすることもありますが、実際に上げていく時については、大きくライザーを使って修正をするという事はありません。という事はある意味、普通のリバースの持ち方でも、頭上まで上げていく時については

 よって、リバースの練習をされる際は、最終的にはできるだけ最小限の動きで頭上まで上げてくるという事を目標にし、また、上げていく際の修正を少なくするためのコツとして、風の強さによって、どれくらいのレベルで引き上げていくのが、一番緩やかに上がってくるかという事に留意しながら、練習して頂ければと思う次第です。



 







関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2011/05/20(金) 23:17:18|
  2. パラグライダー AC法|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1278-c23e864d