鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

なんで野菜が安い?

 大震災後、何故だか関西でも、野菜が安いのです。なんでなんでしょうか?



原爆により被曝させられたことで、原子力の恐ろしさを肝に命じたにもかかわらず、愚かにも自らの失策でまたも、被曝国になってしまったがゆえに、需要と供給のバランスが崩れたことによる、値崩れなのであろうとは予測ができます。

 が、何故、関西においても、野菜の価格が安くなっているのか?どうにもよく分かりません。関西の野菜の殆どは、西日本において生産されているのにも関わらずです。

 これこそ正に、風評被害と言える状況なんだとも思いますが、一方で、日本では本当に、政府等を信用していない人が多いんだなという風に考えられる一件でもあると思います。

 まあ、「直ちに健康に影響はない。」と言っても、実際にこんな、微量とはいえ(本当に微量なのかどうなのかは僕には確信を持って言えませんが・・・。というこの発言もまた風評被害の可能性がある訳でもありますが・・・。)国土を放射能で覆われるといったような状況になった国は殆ど無い訳で、その放射能がどんな影響を今後数年、数十年に渡って及ぼすのかもまた、正味誰にもわからないが故に、このような状況になるのも多少は理解できますが、本当に一体、どうしてくれるんですかね、この原発事故による放射能汚染・・・。

 原子力はコストが安いなんて言う戯言は、今回の未曾有の負のコストが証明するように、楽勝で吹っ飛んでいったにもかかわらず、そして決して、原発に替わる代替エネルギーが無い訳でもないのにもかかわらず、未だ60%近くの人が、原発は必要であるというアンケート結果があったりもするらしいんですが、ちょっと僕には理解ができません。

 原発事故のおかげで電気料金がアップする可能性や、補償金などを国が負担するということは、国民自身が、税金の形で負担することになるという事をしっかりと理解しての事なのだろうかと思ってしまうのですが・・・。

 それか、とりあえずしょうがないからとりあえず、だましだまし使っておいて、まあ、今後自分の住んでいる近くに新たに原発ができることはないから大丈夫、とか思っていたりするんでしょうか?

 福島の原発数十キロ圏内は、かなり長い期間人が住めず、また、農林水産酪農業もしばらくは壊滅的な感じすらしている状況で、他人事な感じでオッケーということであるなら、それは○電のトップの方々の、自ら犯した失態ではないかのようなどこか他人事チックな態度の会見と、同じようなスタンスなのではないかと、個人的には非常に危惧する次第です。

 以前、東京の都知事は、「原発は安全だというのだから、必要であれば東京湾に作ればいい。」といったらしいですが、今回の事故の後、原発は依然必要であると言ったものの、そうであれば東京湾に新設すればいいという発言はされなかったようです。

 結局、原発は安全安全と言いつつ、人口密集地に作ることはなかったり、原発を作る対価として、莫大な補助金や交付金など、たくさんの現金を投入するということは、原発はなんかあったらヤバイし、それに対してなんだかんだ言われないように日頃から莫大な現金を投入しているんだという事を、自らで証明していたんではなかったろうかとそう思ったりするんですが、どうなんでしょうか?

 にしても、原発事故の影響で農林水産酪農業を無残に踏み潰され、更に直接影響のない地域まで出荷コストカットを強いられることになるなんて、本当に憤り以外のなにものでもないかとそう思う次第です。なるべく、早いうちに事態が収束し、僕が長年に渡ると勝手に推測している放射能汚染が、短期間で解消することを祈る次第です。

 とりあえず、何故か関西でも安くなっている野菜、僕はありがたく、その安さを享受させて頂いております。ありがとうございます。

 なお、もし何故こんなに安い感じになっているかご存じの方がいらっしゃいましたら、是非教えてください。

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2011/04/28(木) 23:19:18|
  2. 色々な話し|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1267-f00a38bf