鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

直ちに健康に影響の出るレベルではない。

 この言葉、非常に官僚的な言い回しであると、あるネット上で見ました。裏を取った訳ではありませんので、この情報に信ぴょう性があるかどうかは保証できませんが・・・。


 ちなみに、僕が読んだ記事においては、この直ちにという言葉、基本的な官僚的感覚での解釈では「一日や二日で」というレベルの「直ちに」らしいです。

 一週間とか3週間とか、その長さについてはなんとも言えませんが、長期に渡った場合は、健康の保証はできかねますという、まさに非常にお役所的な自己に責任が及ばない表現で、裏を読みまくって解釈すれば、「一日二日で健康に被害はないけれども、それ以上になるようであれば安全の保証は自分には全くできませんので、冷静な判断をして、リスクを避けるために避難するなどしてください。」というふうにも取れる訳です。

 ほんとこういういかにも日本らしい、オブラートかけまくった、歯に物が挟まりまくったこういった物言い、腹立たしいです。事が非常に重大なだけに・・・。国民のパニックや暴動、デモなどを恐れて、こういった隠蔽的な情報の出し方をするのかもしれませんが、少なくても国民を守ろうとする人達が使う言葉ではないように思います。

 また、重大な危険性を感じさせる、電力会社や政府に都合の悪い情報は、深夜や早朝に発表。更に危険なデータなども、数日から数週間後になっての恐ろしい程の後出し。これらのどこにも国民や被災者の方に対しての誠意などは感じられません。

 日本の原発は絶対的に安全だと言っていただけに、いざ事故が起こると自分でも想定外過ぎてどうしていいか分からず、お役所的な事なかれ主義や知らんふり、分からないふりを爆発させて、こんな風になってるんだと思いますが、こんな事していれば、物事についてまずはっきりさせるというのが第一の基本である海外の方々にとっては、「????」という事になり、疑念や憤りの声が出てくるのも当たり前だと思います。

 しかし事故後、あれだけチェルノブイリ級にはならないとか言っていた、御用学者だか電力会社の手先的雇われ学者だかの方々、あの原子力専門家(原子力のおかげで飯食ってる人)の方々の全く無責任だった発言も、言いっぱなしでいいんですかね。チェルノブイリを超える可能性すらあるという放射能流出、そして事態収拾の目処は未だ全くたっていないという、どえらい事になっているんですが・・・。

 この事故、もしかすると僕らが思っているより遥かに、非常に甚大で危険な事故なんではないのでしょうか?原発近圏が普通に住め、普通に農耕・漁業できるようになるには、何年も、もしくは何十年もかかるようなレベルになってしまっているのではないのでしょうか?

 隠蔽体質で、事故への対応力が著しく低いと思われるロクでもない電力会社と、なぜかネットを検閲する中国とさほど変わらないようなレベルで、国民にオープンに情報を開示しない日本政府の情報操作で、僕らがこの事故をさほど危険ではないと思い込まされているのではないことを、心から願う今日この頃です。



 追記: 実は京都も、福井の原発になにか起これば、大きな影響を受ける圏内に入っています。僕自身調べてみて驚きましたが、福井には高速増殖炉もんじゅを含め、14基もの原発・原子力施設があるのです。


関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2011/04/12(火) 20:38:52|
  2. 色々な話し|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

  

コメント

直ちに健康に影響の出るレベルではない。=5年後、10年後にガンや白血病を発症する人がたくさん出るかも知れない!?
って聞こえます。そうなっても誰も責任取らないでしょうしね。
東京都民は原発推進の石原を当選させてしまったし…。

以下twitterより。

政府は国際評価尺度をチェルノブイリと並ぶ最も深刻なレベル7へ引き上げた。
チェルノブイリと同様に、5年後、10年後にガンや白血病を発症する人がたくさん出ると思う。
日本の人口はウクライナとは比べ物にならないから、ものすごい被害者数になると思う。

スリーマイルもチェルノブイリも事故を起こした原子炉は1基だが、
福島第一は複数の原子炉と膨大な使用済み核燃料という別次元の規模。

事故が発生してから収束させるまでの時間、
スリーマイルは2時間18分、
チェルノブイリは9日間、
福島第一は1ヶ月経過した現在も「収束の目処も立たない状態」

チェルノブイリでは原発の周辺よりも
100~300キロの範囲が
最もガンや白血病を発症した人が多かった。
それは事故直後に周辺の住民は避難させたのに、
100キロ以上の範囲の人たちは普通に生活してたから。
今の東京が、まさにこの状態。
以上。

「もんじゅ」もかなりやばそうですしね。
原発は全く危機管理が出来ていないから、
本当に頭が痛い。
私にできることは、早く収束するよう両手を合わせて祈る事のみです。

  1. 2011/04/13(水) 00:12:01 |
  2. URL |
  3. CLOUDSTREET #-
  4. [ 編集]

正直

 
 原発事故では、チェルノブイリにつぐ(もしくは同等の)大事故であるので、放射能被曝の影響がどのようになるかは、東電も日本国政府も全く分からないんだと思います。

 という事で、分からん時のお役所対応ってことで、とりあえず問題ない風にしておこうという感じかと個人的には思います。

 よって分からんことだからその分からんことで何かが起こっても、それは放射能のせいではないと言って逃げられると思ってるんじゃないかとも・・・。

 こういう良くわからん、自己で自在にコントロールもできん原子力というもんを、今まで平気で安全だと言い続けて使っていたことにも驚きますし、その危険性や万が一の場合の甚大な影響を目の当たりにしてもなお、必要であるから使い続けるべきであると公言する人がいることが、個人的には全く理解できません。

 あと、情報の隠蔽とか外部の人達は言ってる訳ですが、原子力関係の人達の間では、もしかすると事故情報を正直に流すというのは、初期設定でないのかもしれないなと最近ふと思いました。

 大量の放射能さえ漏れずにバレなければ、事故は報告しなくていいのだというのが通例であるのであれば、あの人達は「大したことじゃないのになんでそこまで言わないといけないんだ?」と逆に不思議がっている位な訳で、もしそうだとすればそこには隠蔽などという感覚は全くないのでしょう。

 もし万が一そんな風なのであれば、もうほんと目も当てられない恐ろしい状況の中で原子力が運用されてるんだなと、そんな風に思う次第です。

 3号機のプルサーマル運用の問題とか、土壌のプルトニウム濃度の測定値であるとか、原発事故や放射能の問題の様々なことが、東電が大スポンサーである、公正な報道及び正義の代弁者ぶっていながら結局ビジネス優先なんだなというマスコミ含め、公にはほとんど出てこないことも、国民をナメているか、騙そうとしているとしか思えない今日この頃です。

  1. 2011/04/13(水) 23:01:59 |
  2. URL |
  3. 高鬼 #bBUgYcK2
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1260-a6d16ea2