鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

有線の怖さ

 中国での国家によるネット規制や、最近のエジプトのネット遮断などを見ると、有線の怖さというものを感じます。


 技術が進化して、いろんな情報が世界中に溢れるような状況になっても、いざとなれば国というものは、自己の都合で、第2次世界大戦時の日本の様に、情報統制ができるということを示していると思うからです。

 ネットや携帯の情報にメチャクチャ依存している昨今、それらを遮断されてしまったりしたら、かなりの混乱が起きるような気がします。自分自身、メッチャ田舎に行ってもぜんぜん大丈夫だけれど、ネットだけはないとダメというくらい依存しきってますので・・・。

 災害の際の電話もそうですが、やはり有線というものは、線が有るだけに、その線が切られるようになると使い物にならなくなるんですね。まあ当たり前ですが・・・。ちなみに、携帯であっても結局中継局から中継局までは有線だったりするので、同じ状況になる可能性があるかと思います。

 そんな訳で、なにかどえらいことが起こったときには、もはや前時代的になってしまったと言われる、無線やラジオなんかが非常に活躍し、有効になる気がします。その無線類も、デジタルになってしまうと、機器などが大がかりになって個人ではなかなか運用できないような気もしますが。
 
 もしかすると、一連の電波関連のデジタル化も、そういった意味で、情報統制のための手段なんだとしたら等と勘ぐりまくると、非常に怖い気がしてきます。

 という事で、アナログラジオやアナログ無線は、無くすことなく存続させて欲しいものです。まあ、災害や戦争などでそういった物を使うことは、決してあって欲しくないと心から思いますが・・・。

 しかし、戦国時代や戦時中の人々を、愚かだとかなんだとか言っている我々現代人ですが、基本的にはほとんど変わらないことを続けていますね。自己利益を追求するが故に、同じ人同士で傷つけ合う。人に欲がある限り、そういった愚かな争いはなくなることはないんでしょう。残念ながら人類が滅亡しない限り・・・。

 久々に言いますが、ほんま、おえんのぉって感じです。


関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2011/02/03(木) 00:36:14|
  2. おえんのぉ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1231-16916fe9