鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

京都ラーメン食べ歩き 5軒目「高安」

 醤油ラーメン大好きおやじが、己の好みのみで京都ラーメンに好き勝手ぬかすこのシリーズ。5軒目は一乗寺ラーメンストリート屈指の有名人気店「高安」さんです。



 なお、筆者がどのような基準で偏った好みを炸裂させるかについては、
こちら → http://onitobi.blog20.fc2.com/blog-entry-1152.html
を御覧下さい。

 さてこの日、久々に高安にでも行ってみるかと思った僕。遂に非常に分かりにくい地図を読み解くことに成功し、(あの地図の表記の仕方はいかん!)駐車場を発見。夜遅かったこともありさして並ぶこともなく入店することができました。

 店内はさながらおしゃれなカフェーといった雰囲気。昔は目立たない方の道の、暗ーい感じのぱっとしない店だったんですが、儲かって表に出てシュッとした感じになりました。

 ただ、白基調のテーブルと椅子、そしてそこかしこに飾られた花、何故か置いてある絵本なんかが、なんともラーメン屋とノーマッチ。個人的にはいつ見ても、一体誰に対して訴求してるんだろうと思うのですが、その甲斐あってかここは若い女性客が多いです。まあ、大概がカップルな訳ですが。

 また、唐揚げがでかくてご飯大盛りのサービスとかもあるのも受けているのか、高校生・大学生らしい若い顧客率が非常に高く、更には観光ガイド・ラーメンガイドなどを握りしめた観光客・ラーメン好きの方々が列をなし、時には入店まで数十分、小一時間待つという超有名店で、マスコミ・ネットなどでの味の評価も非常に高いお店です。

 店員さんの案内でカウンターにあるモダンな感じの白い椅子に座ります。これが微妙に滑って座りにくい・・・。お腹が減っていたので、おっさんなのに無理して、唐揚げとラーメンのセットである唐揚げ定食(950円)を注文。

 待つ間に、目の前にあった絵本「すてきな三にんぐみ」を見るおっさん。似合わねえ!そしてやっぱりラーメン屋と似合わねえ・・・。けど、すてきな三にんぐみはかなり素敵でした。

 しばらくするとラーメンが出てきました。麺は細めのストレート麺、スープはとんこつのコッテリ系です。あ!おっさん豚骨苦手なのにとんこつ系ラーメン屋に来てしまってる!!

 トッピングは少し薄めの柔らかチャーシュー、ネギ、メンマ。まずはスープを啜ってみます。かなり濃厚なトンコツスープは、あまり油ギッシュな感じはなく、なにかちょっとクリームシチューのような趣。ある意味ラーメンスープな感じはあまりしないので、おっさんにはちょっと違和感がありますが、女性客が多いのはなんとなくわかる気も・・・。なお、味付けにはそこそこ奴(○の素=化調)が入っているようで、お口は若干シワシワした気がします。

 麺は初めちょっと固めかなと思ったのですが、すぐにいい感じになってきて、これが細麺故のゆで加減であるなら、あんた中々やるなという感じ。しかし、おっさん個人的には麺はもう少しだけ太いほうがいいです・・・。

 最初、中々美味いかもと思って食べてたんですが、しばらくすると油ギッシュではないもののトンコツ特有のしつこい感じが徐々に来て、更には味がそこそこ濃いのとも相まって胸いっぱいに・・・。やっぱおっさんトンコツスープが苦手なんですな。

 それと、唐揚げがまた凄い。油ギッシュなネッチョリ系唐揚げは、もうこれでもかといわんばかりの味○素テイスト。化調好きにはたまらん一品に仕上がっています。更にカレー粉がかなりガッツリそのままかけてあるらしいのがさっぱり訳がわかりません。個人的に生カレー粉はやめて炒めるなりなんなりしてくださいよと・・・。衣に加えて揚げ油が汚れるのを防いでるんでしょうか?とにかく化調と生カレー粉の超コラボレーション。鳥の味は全く楽しめません。最終的にはおっさんが故に、かなりビシッと胸焼けしました。

 なお、天下一品が好きだった高校生位の頃なら、洗練された豚骨スープに惹かれたかもしれません。いや、その頃ならやはり、ギトギト系の天一をチョイスしてたかもしれませんが・・・。

 ただ、おっさんになりすっかり醤油ラーメンのみが好きになってしまった今の自分には、残念ながら、トンコツにしては油ギッシュではなく、しつこさバリバリでないちょっとおされなトンコツスープも、いろいろな意味でパンチのある(自分にはありすぎる)唐揚げも、心には響かなくなっていました。

 そんな訳で、全く世間の評価とは違う感想を抱いて、お店を出たのでした。

 高安の評価 :  △

 評価: ◎ 筆者が何度もいきたいと思う店
     ○ 時としていきたいと筆者が思う店
     △ 筆者はもういかないであろう店

中華そば 高安 ラーメン / 一乗寺駅修学院駅茶山駅



お前の口は変わっとる。(腐っとる) 
でもラーメンは食べたい~!という方 
関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2010/12/19(日) 21:41:04|
  2. 京都ラーメン食べ歩き|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

  

コメント

痛快!

これは痛快な書きぶりだね。料理をするからこそ書ける内容だな。
これは、街にあふれる安易な批評に一石を投じているね。
これは、日本の大衆をも批判する素晴らしい視点だ。
オレも見習わないと!

  1. 2010/12/30(木) 20:50:43 |
  2. URL |
  3. 熊猫刑事 #-
  4. [ 編集]

おおきに 2

 けど、そんなに痛快な書きぶりかなあ。

 個人的にはただ単に「おっさん油きつめの豚骨系スープはもう食べられません。あと、自分で作る料理に化学調味料使わないから、一杯入ってるときついです。」って書いてるだけのような気がする。

 そして、世間を批判というより、世間との大きな好みの違いを発表してるだけのような・・・。

 沢山の人が、ファーストフードやファミリーレストランが大好きなことを考えると、俺の味覚が全くスタンダードではないんだろうね。

 けど、どこ行ってもおんなじような味って言うのはなんとも個人的には納得いかないんで、これからもそれなりに味の違いを売りにしているプロのお店については、俺の主観バリバリで、好き勝手書いていくと思うよ。

 なお、師の居酒屋放浪記も時として、店にとって素晴らしい批評をしていると思うことがある。いい店を探し、自前のお金で飲んでるおっさんの苦言やエールがそこにあると思うよ。

 まあ、お互い提灯記事みたいなどうしようもない感じにならないよう、書いていければいいね。

  1. 2011/01/01(土) 17:25:21 |
  2. URL |
  3. 高鬼 #bBUgYcK2
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1207-b898ac1f