鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

京都西山 愛宕山登山その一

 京都北山「廃村八丁」、京都東山「大文字山」と山歩きした僕、ちょっと山歩きづいて11月中頃に、紅葉美しい京都西山「愛宕山」に登ってきました。




 愛宕山は、京都北東部にある比叡山と並んで古くから信仰の山として有名な場所で、山頂には愛宕山神社があります。標高は924m。昭和初期には山頂までケーブルカーがひかれ、ホテルや遊園地があったようなのですが、太平洋戦争期にケーブルカーが廃線となり、遊園地なども閉鎖。戦後も再開されることはなかったらしいです。(以上ウィキペディアより抜粋。))

 さて、そんな愛宕山登山。清滝あたりの登山道近くにいくつか駐車場があるとの情報を事前にネットで得ていた僕は、登った日が平日だったこともあり、紅葉期と言えさすがに満車になる事はないだろうと、そこまでは車で行く事に。京都バス停留所横にあった駐車場に車を入れ、(あとで知ったのですがもっと登山道に近い場所にも駐車場はありました。)平日駐車料500円(休日は1000円のようです。)を払って、いざ出発。



清滝集落に向かう道すがら撮った紅葉の写真。
携帯カメラ&腕が悪い為ショボ写真・・・。

s-DVC00161.jpg







s-DVC00160.jpg







s-DVC00159.jpg
雨に煙る清滝川。
悪天と平日という事もあり集落には人もまばらで、
廃屋となった旅館だったらしい建物が
より一層侘しさを醸し出していました。







 今回のルートは、清滝-水尾分れ-山頂・愛宕山神社-月輪寺-空也滝-清滝。

 行きの登山道は愛宕山神社への参拝道であり、道幅も広く時として石階段などもあり、とても良く整備されています。登り始めからおっさんにはそこそこハードな登りで、速攻で息が上がってきます。途中、ケーブルカーが通っていたらしい軌道跡を横目にしたりしながら登っていきます。前半は結構きつい登りですが、尾根筋に出てからは少し楽になり、ほっと一息つきます。

 この日は登り始めから時として小雨が降り、雲も結構厚く、更に風が非常に強くてかなり寒かったのですが、途中展望の開けている場所に出た時には少しだけ晴れ、美しく太陽が当たる保津峡や、山肌から立ち上る雲や、京都市街が見え、中々綺麗でした。  保津峡にあるJRの大きな鉄橋は、先日亀岡でパラグライダーで飛んだ時に保津川下り船乗り場近くまで移動した時に、上空から見ました。「そこそこ移動しとるな。」と一人自己満足に浸る僕・・・。なお、この場所、昔はかわらけ投げをしていた場所のようで、説明案内板がありました。

 かわらけ投げとは、「厄よけなどの願いを掛けて、高い場所から素焼きや日干しの土器の酒杯や皿を投げる。」遊びです。ガキの頃、比叡山山頂遊園地の展望台にこのかわらけ投げがあって、何度かやった記憶があります。結構離れた所に、フラフープのような輪っかが大小さまざまな大きさで置いてあって、そこに10センチ程の素焼きの皿(かわらけ)を、フリスビーのように投げて見事通せば、願い事がかなうというものだったのですが、輪っかの中に通る事はほとんどなく、ガキの頃は、何枚か投げた最後の方はどこまで飛ばす事ができるかという、遠投大会になっていた気がします。今ならパラグライダーの経験を生かし、斜面に上がって来る上昇風に乗せ、かなり遠くまで飛ばせる気がするのですが・・・。

 ちなみに、愛宕山では現在はかわらけ投げは行われておらず、京都では同じ山系にある、高雄のかわらけ投げ発祥の地、「神護寺」と、山頂遊園地がなくなってしまって山頂から投げるのではないものの、ケーブルカー山上駅の見晴らしのいい場所から投げる「比叡山」の、2か所だけになっているようです。なお、愛宕山のかわらけ投げについては、「愛宕山」という落語のネタ中に出て来ることでも非常に有名なようです。

 さて、見晴らしのいい場所を過ぎて更に上がっていくと、再び曇り始め、風も強く、寒々しい感じになってきました。標高が高いので気温が下がるとともに、強い風が斜面をかけのぼり吹きすさぶことで水分を集め、雲ができているようです。水尾分れの休憩所に着いた時には、僕の安物の綿パンは、小雨と汗のせいでしっとりと湿り、そこに寒風が当たってかなり不快でちべたい感じになっていました。「登山用の速乾ズボン欲しい・・・。」そう思ったのでした。

 少し休憩して再び登り始め、しばらく歩くと神社の山門が見えてきました。「黒門」です。この黒門から神社まで、まだそこそこあります。白い霧の中をゆっくりと登ってやっと神社の社務所に到着。時にうっすらと下界が見える時がありますが、基本的には霧の中で視界は悪く、残念ながら眺望はよろしくありません。ただ、下と違って既に散り始めている紅葉が絨毯のようになっていて、とても綺麗でした。ここ、社務所近くにある休憩所で昼食を取りました。



s-DVC00158.jpg







s-DVC00157.jpg







s-DVC00156.jpg



 手作りのカツサンドとハムサンド、卵サンドに、コンロで沸かした熱いお湯を入れた、インスタントのカップスープと紅茶が昼食だったのですが、最高でした。サンドイッチにはパンを半斤使っていて、「こんなにパンも多くて具沢山で、全部食えるんかいな。」と思ったものの、思っていた以上に美味しくできていたので、あっという間に完食。しっかり体もあったまったので、今度は別コースで月輪寺を目指します。

 つづく

アウトドア(全般)部門 現在 第8位 
遂にトップテン入り!目指せトップ3!
関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2010/12/11(土) 22:56:42|
  2. 登山|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1202-3e560f85