鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

パラグライダー誘導考

 パラグライダーでの安全な無線誘導というのは、自己フライトでの色々な経験に基づいて培った安全なフライトを、他者に対して忠実に再現する行為であると思います。


 よって、「フライトがヘボいイントラは、基本的に無線誘導もヘボい。」というのが僕の持論です。

 「いや、車の運転はヘボくても、ラジコンカーの操縦は鬼のようにうまいように、パラの無線誘導も数をこなしているが故にうまいとか、逆に自己のフライトはうまいけれども、しゃべりがたたないが故に、誘導においての説明がすこぶる分りづらかったりして誘導は上手くないとか、パニック系で危ない時にただ無線に向かって叫んでいるだけのイントラとかいるじゃないか。」という意見もあるかと思います。

 ただ、パラグライダーは自然が相手。時として劇的にそのフライト環境は変化します。そしてそのような事態になると危険なシーンに遭う事も少なくはありません。
 
 そんな時、色々なフライト条件下での自己のフライトで培った貴重な経験を持つ人は、他者を観察、誘導することだけで蓄積した経験しか持たない人に比べて、格段に精確で冷静に、危機回避の指示を行えると思います。それは、そこに自己が実際に操作した、知識だけではない、体で覚えた操作や経験があると僕が考えているからです。

 なお、フライトはうまいけど説明がヘボくて誘導がダメとか、パニック系でただ叫んでるだけなんていうのは、もうその人のフライトがうまいとか下手とかの問題じゃなくて、そもそもイントラとしての資質がないのであって、そういう人しかいないスクールなんかに通ってしまったら、これはもう残念としか言いようがありません。

 そうなってしまったら、自己の感覚を研ぎ澄まし、昔の職人さんの修行時のように、他の真に上手い人のテクニックや情報を盗みつつ、自己の安全なフライトを確保し、修行していかないといけないという、厳しい状況になってしまう事でしょう。ただ、この真に上手い師匠というのが誰なのかというのを、パラ初中級者が知るというのもまた、非常に難しい事である訳ですが・・・。

 そんな事にならないよう、スクールに入校する前には、そのイントラの誘導が果たしてどんなもんなのか、見ておくのがいいように思います。誘導がへぼいかどうかというのは、数本とか数十本とか、その誘導をじっくり見聞きしていれば、初心者でもある程度は分るような気がします。 他者に対してどのように誘導すると上手くいきそうかという事は、初心者が考えても基本的に同じ事柄を上げるであろうと思うからです。

 冷静で簡潔、はっきりとして的確な指示を行っており、実際に誘導されている特に初心者は余程の事がない限り危険な状態などにはならず、穏やかな動きで、着陸時のアプローチなどにも大きなぶれがない。そんな誘導を行えていれば、その人は誘導が上手であると言えるでしょう。

 ただ、上記でも書きましたが、誘導の真価は、想定外の状況にてその実力がいかんなく発揮されたりするのですが・・・。しかし、誘導上手はまた、条件読み巧者でもあるので、想定外の状況が予想されるようなレベルでも、中々初中級者を飛ばさないという事もあったりします。この行為が時として、初中級者の人に「野郎は全く飛ばせてくれないぜ!!!」等という不満を持たせる一因になっていたりして、個人的にはパラグライダーというものは、色々な事の経験が少ないが故に分らない、及び飛ばせてもらえない初心者にとって、忍耐を強いるスポーツだなと思ったりします。

 なお、誘導を数本とか数十本とか見学するのに、大変に長い時間・日数をかけなければ見れないようなスクールは、「何らかの理由で極端に初・中級者が少ない。」か、「エリア的にフライトできる環境があまりない。つまりあまり飛べない。」という事が原因だったりしますので、スクール選択の際には注意した方が良いかもしれません。

 ただ、日本のパラスクールというのは世界的にみると非常に特殊で、非常にスクールスクール?しています。海外では根底に完全自己責任というのがありますので、スクールの大概は1週間とか2週間とか集中合宿して、それで一人で飛べれば、後は自分の判断と修行でソロフライトという感じです。何年にも渡って生徒の面倒を見るという制度はありません。まあ、これはエリアやランディングが非常に広いとか、日本のようにスクール自体がエリアを管理運営していないとかいった理由も、大きく関係している訳ですが。

 それに比べると日本では、フライヤー自身がスクールに自己フライトの責任の一端をある程度担ってもらいたいと思っている感があるので、それ故に誘導に頼り過ぎたりするという部分があるようにも思います。スクールサイドもだからこそ、それなりのお金をもらって、しっかり管理するという必要性が出て来る訳なのですが。

 そんなこと等を考えると、誘導の必要な初中級者フライヤーであっても、もっともっと自分で考え、自分で判断して、フライトは自己の責任でしているのだという自覚を強く持った上で飛んだ方がいいのではという風にも思うのです。

 ただ、そうだとしてもやはり、万が一の時の等のイントラの的確な精度の高い誘導が、安くないスクール費を払っているスクール生にとって、とても重要な高い価値なのはもちろんの事です。

 是非、良い誘導をしてくれるスクールに通ってください。

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2010/11/11(木) 20:19:31|
  2. パラグライダーをはじめたい方へ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1188-4099b7c8