鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

パラグライダーワールドカップ(PWC) スーパーファイナル 

現在、開催中の大会、PWCスーパーファイナル、トルコ東部内陸地の有名な観光・温泉地であるパムッカレにて行われているようです。


 僕が行った同じく内陸部のトルコ中央カッパドキア近くのエリア、カイセリも、まだ夏だったにもかかわらず、朝、夜はフリースやウインドブレーカーがいる位の肌寒さで、昼はTシャツ一丁でオッケーといったような、かなりな温度差、気温減率だった訳ですが、秋深まりゆくこのパムッカレもそんな感じなようで、一発いいサーマルに当たればがっつり上がり、時として荒れているという、そんなトルコ内陸らしい条件の中で、熱いフライトが繰り広げられているようです。

 それにしてもここのところ、コンペグライダーについては性能の点で、マントラがかなり抜け出ているようで、今年のPWCは「猫も杓子もマントラー。」といった様子。

 ただ、同じのがあまりにもたくさんだと、「性能がようても誰がそんな猫も杓子もが乗ってる奴に乗るか!」等とひねくれ根性満載な自分は思ってしまったりする訳ですが、まあ、とか言って大会に出ないので僕にはコンペ機は今必要ないのですが、けど、実際に大会に出るとなるとやはり現時点では有利であろうマントラを選択するのが賢明なんでしょうね。スーパーファイナルでも上位はかなりをマントラ勢が占めています。

 でも、あまり同じグライダーばかりだとどこかのワンメークパラ大会みたいで面白くないんで、来期はPWCもまた、玉石混交な感じになった方が面白いのになあと個人的には思う訳ですが、「ハングかいな。」と思う程、かなり長いカーボンバテンを何本もセル内に入れていたりするパラグライダーもある昨今、今後どんな風にまた変わっていくんでしょう。

 さて、そんな訳でスーパーファイナルの様子は、
http://www.paraglidingworldcup.org/
↑ こちらPWC公式ページにて詳細がアップされておりますので、よろしければご覧ください。

 そういうとこのスーパーファイナル、O佐のし○ちゃん出てますね。海外の大会は中々うまくいかなかったりしますが、慣れてなければ当たり前。まあ、気負わず慌てず入れ込まず、パムッカレの石灰岩質の白い景色を楽しみながら、お気楽極楽で楽しくフライトしてきてください。

 しかし、パムッカレの温泉、良さそうだなあ。温泉の下に遺跡が沈んでいるなんて・・・。泉質は別として一度体験してみたいもんです。

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2010/09/28(火) 23:55:39|
  2. パラグライダー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1178-bfd096b8