鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

京都ラーメン食べ歩き 「はじめに」

人にはそれぞれ好みというものがあり、僕が好きなものでもある人は酷評だったり、また逆にある人が酷評である物が、僕は好きだったりと、そういう事があるのを、十分に承知しています。

という事で、もしこの個人的なレビューを参考にする方がいらっしゃるのであれば、僕の好みに似ている方にとってはある程度有用かと考えましたので、いかに僕がどのようなラーメンを好み、またどのようなものを好んでいないかを、以下に書いておく事にします。

 ○ 無化調ラーメンに価値を感じます。

   化学調味料(旨味調味料)が入っていない事に、無駄にありがたみを
   感じます。
   
   個人的にラーメンの評価に対して、だしに非常に重きを置く為、
   化調を加える事は手抜きだと思っているからです。
   しかし、時としてそんな無化調のだしの味が薄い味気ないものに対して
   「奴を入れりゃうまくなるな。」と思う事があります。
   という事で、ラーメンについては、全面的に化調を否定している訳では
   ありません。
   ただ、ベースがもう思いっきり化調の味ギンギンというものについては、
   問題外だと考えています。
  
 ○ 醤油ラーメン大好きです。
   
   おっさんになったからだと思うのですが、基本的にあっさり系の醤油
   ラーメンが好きです。

   ギラギラ豚骨系はかなり苦手で、また魚介の強い主張が効いたタイプも
   苦手です。なお、醤油でも背油ビンビンな油多めタイプは、これまた
   苦手だったりします。
   鶏がらだしベースの、しょうゆ味ベースという典型的な醤油ラーメンが
   大好きです。

 ○ ストレート細麺が好きです。

   小麦の味の微妙な違いが分らない口腐り系の自分。実は麺にはさほど
   こだわりがありません。ストレート細麺で少し硬めであれば大体好みです。
   
 ○ チャーシューには全くと言っていいほどこだわりがありません。
  
   肉がパサパサだったり、味付けがとんでもなくいやらしかったりしない
   限り、どんなタイプでも食します。「ここの肩ロースチャーシューは最高
   だぜ!」とかいう評価はありませんのでご了承ください。

という事で、こんな感じのラーメンを好んでおりますので、こちらをベースに今後、この京都ラーメン食べ歩きをご覧頂ければ幸いです。

なお、評価についてですが、良くある星何個とか、スープ・麺・チャーシューなどそれぞれについて評価するといった事が、もっさりした筆者の舌では到底判断できるとは思えませんので、シンプルに「もう一回行きたいかどうか?」というそれだけで判定してみようと思います。という事で、評価に関しては以下のような形で書いていきたいと思います。

評価: ◎ 筆者が何度もいきたいと思う店 
    ○ 時としていきたいと筆者が思う店
    △ 筆者はもういかないであろう店

なお、私がもういかない店でも、大多数が大絶賛!という店もたくさんあります。今回のこの記事は、「似たりよったりのラーメン評や、当たり障りのない評価に対して、己の腐った舌の感覚だけで書きたい放題で評価」というのがコンセプトなので、個人の好みが全面に出たものとして「なんだよ、この店にもういかないなんて、こいつの舌、訳わからんな。」などという感じで楽しんで頂ければ幸いです。
関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2010/06/12(土) 23:41:47|
  2. 京都ラーメン食べ歩き|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1152-55ce181a