鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

初中級パラ講座 第1回 「テイクオフに上がる前の準備」

今回から始まります初中級パラ講座。テイクオフに行くところから、フライトまで、順を追って書いていこうと思っております。まず第一回は、「テイクオフに上がる前の準備」です。




<テイクオフに上がる前の準備>

 
○フライトギアはそろっていますか?
  
 グライダー・ハーネス・ヘルメット・グローブ・無線(電池残量チェックを忘れずに)予備電池・ツリーランセット・バリオ・フライトスーツなど

○山へあがる前に。
  
 気象データのチェックをしておきましょう。スクールで掲示などがある場合はそれをチェック。スクールで掲示がない場合はインターネットなどで、今日の風の傾向・現在の風の状況・周辺の風・日照・雲の状況などを調べておきます。

 局地的な天気予報・風予想は、民間各社からネット上に多数アップされていますし、リアルタイムの天気や風の状況は、1時間ごとに、気象庁のアメダスデータで数値や地図上の視覚データを確認する事が出来ます。
   
 このチェックに伴い、その日のコンディション予想、フライトに適した時間帯などの予測を自分なりに行っておきます。そして、その日のフライトプランを立てるようにしましょう。フライトプランを立てる事で、予測外の事態への迅速な対処や危機回避などを、余裕を持って行う事が出来ます。

○山へはできる限り早く上がりましょう。

 初中級者の方が上達する為には、沢山フライトする事が近道です。よって山へはできる限り早く上がりましょう。

 朝早めは穏やかな風である事も多く、フライトの確率がサーマルの強い日中に比べ格段に高い事も、初中級者の方に山に早目に上がって頂きたいとお勧めする理由の一つです。

 安全なフライトにおいて非常に重要なのは、テイクオフ・ランディングの高い精度です。パラで事故が起きるそのほとんどがテイクオフ・ランディング時です。
  
 なお、テイクオフに関しては、グランドハンドリングを行う事で練習をする事が出来ますが、ランディングアプローチについては、フライトをしなければ練習する事ができません。
  
 初中級者においてはランディングの上達が、安全なフライトの為には不可欠ですので、例えぶっ飛びであったとしても、どんどんとフライトして練習することが必要です。よって、フライト本数をできるだけ多く稼いでいくようにしましょう。


次回、第2回は「テイクオフに上がったら」をお送りする予定です。

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2010/06/10(木) 23:56:28|
  2. 初中級パラ講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1149-b45111e4