鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

販促活動の恐ろしさ

今日は節分である。という事で、うちの夕食の食卓には、恵方巻き(太巻きずし)が登場していた。



この、節分に恵方巻きを食べるというのは、ここ数年で急速にメジャーになってきた事のように思うのだが、ウィキペディアで調べてみたところによると、初めは江戸時代末期から明治初期に、大坂の商人から始まったという説があるらしい。

その後、昭和初期に販促の一環として宣伝的に再び使用され、戦後一旦廃れたものの、70年代後半に海苔の販促の為に再び大坂から販促の為にキャンペーンが張られ、80年代にコンビニの西日本地区においての販促活動として取り上げられ、90年代に全国的なコンビニの販促活動キャンペーンがはられ、全国的に認知度が上がったようである。

なお、これらは出典が明確でなく、その正確性には疑問があるようであるのだが、以下にウィキペディアから引用しておくので、興味のある方は読んでみて頂きたい。

引用記事はこちらからどうぞ ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%B5%E6%96%B9%E5%B7%BB


<以下 ウィキペディアより記事を引用>


<発祥>

この節の正確さについては疑問が提出されているか、あるいは議論中です。詳しくはノートを参照してください。

恵方巻の起源はいくつもの説があり定かではない。

江戸時代末期から明治時代初期にかけて、大阪の商人による商売繁盛の祈願事として始まったという説がある。節分の日は暦の上で春を迎える立春の前日にあたるので、一年の災いを払うための厄落とし、年中行事として行われた。

また豊臣秀吉の家臣・堀尾吉晴が偶々節分の前日に巻き寿司のような物を食べて出陣し、戦いに大勝利を収めたという故事を元にしているという説もある。

その他にも恵方巻の発祥地の候補には、和歌山県(旧紀伊国)、滋賀県(旧近江国)等があるが、いずれも不確かである。以後、恵方巻の習慣は、昭和初期の大阪の商人の間で行われていたようで、節分の「丸かぶりずし」の広告チラシも作成された。しかし、「一気に丸かぶりしなければいけない」ということは、海苔の販促として恵方巻を売り出した「元祖たこ昌」代表取締役・山路昌彦の作り話とも言われる。

<大阪での復活>

戦後に一旦廃れたが、1973年から大阪海苔問屋協同組合が作製したポスターを寿司屋が共同で店頭に貼り出し、海苔を使用する巻き寿司販促キャンペーンとして広められた。翌1974年には大阪市で海苔店経営者らがオイルショック後の海苔の需要拡大を狙いとして節分のイベントで海苔巻きの早食い競争をはじめたこと、1977年に大阪海苔問屋協同組合が道頓堀で行った海苔の販売促進行事などが契機となって、復活することとなった。

商業的に売り上げの落ちる1月後半から2月初旬の販売イベントとして、主にコンビニエンスストアを中心として各地で展開。ファミリーマートが先駆けであり、1983年に大阪府と兵庫県で販売が開始された。道頓堀で行われた販売促進イベントがマスコミに取り上げられて関西に広がった。

<各地での販売促進>

1989年に広島市のセブン-イレブンが販売を開始し、翌年より販売エリアを広げ、1995年から西日本に販売エリアを拡大、1998年に全国展開をしたことで急速に普及した。その後は全国のコンビニで販売促進キャンペーンが行われている。

愛知県を本社所在地とするミツカンが行った調査では、恵方巻の認知度の全国平均は2002年の時点で53%だったが、2006年には92.5%にまで上昇し、「実際に食べた」と答えた人の全国平均も2006年の時点で54.9%に達している。その一方で、実際に恵方巻を食べるかについては地域差も生じている。

近年のこのイベントの全国への広まり方はバレンタインデー・ホワイトデー・オレンジデーの菓子贈答と同じく、海苔業界やコンビニ業界など関係業界の主導のもと販売促進を目的とした傾向があり、本来の太巻きではなく「海鮮巻き版」や、便乗の形でロールケーキを「恵方巻き(恵方ロール)」として販売するケースも出てきている。山口県の「ロイヤル」が2005年の節分に「丸かぶりロール」として販売。地元新聞の記事に掲載された。また、江崎グリコでは「かぶりつき」ポッキーを発売、2007年1月にはセブン-イレブンから「丸かぶりロールケーキ」が発売されている。

<引用以上>

これらがほぼ事実に即していると考えると、本当に販促活動というものは恐ろしく、また、僕らの感覚というものは情報の刷り込みにより、非常に影響される事を認識させられるのである。

同様の販促活動による、半強制消費!?の例としては、上記ウィキペディアにもあるが、
「バレンタインデー」や、他に「ホワイトデー」、「母の日・父の日」「敬老の日」「クリスマス」また、平賀源内が江戸時代に考案した販促と言われる「土用の丑の日に鰻」などがあるが、まあ、これら販促の定着を特に糾弾したいと思ったりまでしている訳ではないのだが、あまりこういった販売促進や情報操作による扇動に乗せられ過ぎる事のないようにしたいなと、個人的には思ったりする訳である。

わざわざ価格の高い時に鰻食べなくてもいいし、無理に太巻き一本丸かじりなんてせんでもええ訳だし・・・。ちなみにおっさん、でかい太巻き一本なんて食えないんで、半分食って残しました。

ただ、こんなかわいらしい販促に乗せられるのはいいとして、色々なメディアに乗せられる情報の中には、もっと根が深く、わかりづらい、本当に乗せられてはいけない情報操作があるのではないかと思う次第で、これを北斗神拳で言うところのトキのように、うまくかわしていければと、そう強く思う今日この頃です。


なお、もうすぐ近付いております販促臭バリバリのバレンタインデーのチョコレートに関してですが、わたくし、絶賛好評受付している次第です。(笑)

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2010/02/03(水) 22:31:52|
  2. 色々な話し|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1122-cb7fdc20