鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

オレたちの深夜特急 番外編 「誕生日」

誕生日プレゼントというと個人的に思いだす贈り物がある。


それは、極寒の中国陽朔で、熊猫刑事こと師からもらった、キンキンに冷えたビールだ。

ただ僕は、師が、当時の中国では冷蔵庫で冷やしたビールには冷やし代が入っていたのだが、あえてそれを払ってまで買ってきてくれたキンキンに冷えたビールを、すぐに飲む事が出来なかった。

その時の陽朔は僕にとってはそれほど寒かったのだ。それについては下記、「俺深」記事にも記述している。

http://onitobi.blog20.fc2.com/blog-entry-402.html

あの時受け取ったビールは、もう本当に凍えるほどに冷たかったが、誕生日を祝ってくれた師の気持ちに、僕はとても温かくなった事を未だに思い出す。

あの旅からもう13年の月日が経過した。あれからも僕は何度もの誕生日を迎え、おっさんへの道を突き進んできた。そして、時としてあの旅の、非常にささやかながら素敵な誕生日パーティーを思い出すのだ。

師よ、あの時はありがとう。
そして師よ。これからも体に気をつけ、家族共々、楽しく健やかに過ごして欲しい。

誕生日おめでとう。

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2010/01/30(土) 16:02:24|
  2. 色々な話し|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

  

コメント

「折角買ってきたのに。」
なんて、オレ言ったっけ?

久々に陽朔の記事読んだけれど、けっこう笑えるな。

ありがとう、師よ。
とうとう39歳になったよ

あの陽朔のとき、オレが26歳だったよね。
厳しいな、39歳!

しかし、師とともに過ごしたあの日々、僅か数週間の出来事だったけれど、今考えればやけに濃厚で、1年といった時間に匹敵するような気がするんだが、何故だろう。

階段歩くと右膝痛いし、いよいよじじぃへの道を歩き始めたよ。

師も体には気をつけろよ!

  1. 2010/01/30(土) 19:18:19 |
  2. URL |
  3. 熊猫刑事 #-
  4. [ 編集]

日記には

師のビールの下りは詳細に書いてないんだよね。

ただ、「せっかく買って来たんだから冷たいうちに飲んでくれよ。」というような事を、ほぼ冗談として師が言っていたように記憶してるよ。

なお、陽朔の記事、俺も久々に読み直したんだけど、中々面白い事してたなと思ったよ。

あの旅で師と一緒にいたのは確か2週間ほどだったと思うけど、確かにその中身は濃かった気がするなあ。

同じ釜の飯は食ってないけど、あの旅においてその後、師以外とあんな楽な感じで寝食を共にした事は俺にはなかったから、インパクトのある思い出として残ったような気がするよ。

二人でいた事で一人では行かないようなところに行ったり、他にもアグレッシブに動けた事もあると思う。

さて、年を取るともっと大人になると思ってたけど、人生経験が増えた分のすれが出てきただけで、本質的な部分はガキの頃とさして変わっていないような気が最近するよ。俺だけがそうなのかもしれないけど。

体にはかなりガタは来てるけど、これはもうしょうがないねえ。細胞が劣化してる感がありありとわかるもんね。

まあ、なるだけ気をつけ、また維持を図りながら、お互いやっていこうよ。

  1. 2010/01/31(日) 02:36:44 |
  2. URL |
  3. 高鬼 #bBUgYcK2
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1120-fe096ba0