鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

サンタクロース

世はクリスマス。しかしおっさんには特に関係もなく・・・。ただふと、ガキの頃サンタクロースが来ていた事を思い出しました。


今でも思い出すと、両親に非常に感謝をしているのですが、ガキの頃、うちの家にはサンタクロースが来ていました。

通常はイブの深夜未明、枕元にプレゼントを置いておくというのが、多くの家庭のパターンかと思うのですが、うちではイブの夜、まだ起きている間に物干し場にサンタがやってくるという事になっていました。

煙突がないうちの場合は、サンタクロースが家に入って来れないので、2階屋外にある物干し場にそりを横付けし、プレゼントを置いていくのだと、そうおかんは言っていました。

イブの夜、うちでは家族でささやかなクリスマスパーティーが開かれていたのですが、その間に、何度か物干し場を見に行くという事を、ガキの頃の僕らはしていました。あわよくば、そりに乗ってくるサンタを目撃してやろうと、そんな風にも思っていたものです。

まだ早いうちに見に行った時には、物干し場には何も置いてありません。しかし、パーティーも佳境に入り、何度目かの物干し場に向かった時に、物音などに気を使っていたにもかかわらず、サンタは秘密裏にプレゼントを置いていっているのでした。

結局、僕はかなり大きくなるまで、サンタの存在を信じていました。しかし、大きくなり、友達などとそれについて話しをしたある日、おかんにサンタクロース存在についての疑問をぶつけ、その真実を語られた時、僕はそれまでの両親の努力を知ったのでした。

当時、パーティーの最中に、なぜかおやじが席をはずす事がありました。どこに行ったのかと聞く僕らに、おかんは「トイレにいったんちゃう?」とかなんとか、うまい事を言ってはぐらかしたり、探しに行こうとする僕らを、これまたうまい事言って絶妙にひきとめていました。

またある年、僕はカメラが欲しいとサンタクロースに頼み、サンタはかっちょいいカメラを持ってきてくれたのですが、包装を開けて見てみると、保証書が「大丸百貨店」のものになっていました。(そのカメラは今でも持っています。このブログでの俺深(俺達の深夜特急)でアジアを旅している際に撮影した写真は、このカメラで撮ったものです。)

「サンタクロースは外人なのに、なんで大丸で買い物をするのか?」という僕に、多分おかんはかなり肝を冷やしたに違いありません。しかし彼女は、「あんたが英語とかを見てびっくりせんように、いつも行ってる大丸でわざわざ用意してくれたんや。」と今思いだしても絶妙の答えで、僕の疑惑を晴らしたのでした。

そんな風に何年にも渡ってうまい事やっていた彼らが、毎年のクリスマス「もうそろそろ、サンタ来てるんちゃうか?」と何度か僕らに言う時、彼ら自身少しいたずらっぽいような笑顔を浮かべ、とても楽しそうにしていた事を今でも僕は思いだすのです。

おかんから真実を聞き、それらの事を思い出した僕は、彼らが僕らに夢を見させるために、色々としてくれていたんだと気付きました。そしてそれからは、まだ小さかった僕の妹の夢を壊さない為、僕も彼らのクリスマス作戦に、その後何度か協力したのでした。

今もあの時の事を思い出す度、ガキの頃にいい感じの夢を見させてくれた両親に、大きな感謝の気持ちを抱きます。彼ら自身、あの当時楽しんでやっている部分があったかと思うのですが、あれは僕らにとっても、とても楽しいイベントといえるものでした。

だからこそ、おっさんになって特にこれといったイベントもなくなった今でも、必ずその事を思い出すのです。

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2009/12/24(木) 23:04:08|
  2. 色々な話し|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

  

コメント

サンタ

いつまで続くかわからんが、
今年もサンタになったったで。。。

おっさんもそろそろサンタ側に
どないや?

まず畠を耕して、種まきからやね。。。

  1. 2009/12/26(土) 01:22:09 |
  2. URL |
  3. nimbus from ashio #-
  4. [ 編集]

いい話やなぁ。
涙腺ゆるんだゾ。

うるうる来てるよ。
ウチももっと努力(演出)しないとなぁ。

  1. 2009/12/26(土) 20:47:02 |
  2. URL |
  3. 熊猫刑事 #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます

<nimbus from ashioさん>

ご苦労様です。サンタが来てくれて、お子さんもとても喜んでいらっしゃることでしょう。長くサンタが来てくれるといいですな。

さて、自分も時としてサンタになってみたいと思うのですが、おっさんになると体力もなくなり、更におっさんの唯一の武器であると思われる金力も僕にはないんで、耕すのも中々・・・。(苦笑)


<師よ>

中々泣けたでしょ。俺も書いてて涙腺緩んだもん。(おいおい!)

ちょっとした工夫が、より子供の心をとらえるとも思うけど、基本的にはサンタが来るという事がやはりお子様の夢の構築に、一番大切なことだと思うなあ。

  1. 2009/12/31(木) 02:19:37 |
  2. URL |
  3. 高鬼 #bBUgYcK2
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1108-e9c8c607