鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

荒野の一ドル銀貨

僕が小学生低学年の頃だったろうか、正月か何かで確か珍しく夜遅くまで起きていても大丈夫な時があり、四足のついた木目調外観のダイヤルチャンネル式ブラウン管テレビで見て、衝撃を受けたのがこの「荒野の一ドル銀貨」だった。

ちなみに、当時うちではテレビは8時まで、そして就寝は9時までという掟だった。

しかし、いつから幼児が10時、11時を過ぎても起きていたり、更には外出しているという、僕から見れば異常な事態が普通と化してきたんだろうか。こういうお子様比率って今の時代だとかなり高いんだろうか???ガキが深夜まで起きてるというのは時代が変わろうと何だろうと、凄く良くないと個人的には思うのだが・・・。

さて、話しは脱線したが、荒野の一ドル銀貨、今では知っている人も少ないと思うが、マカロニウエスタンと言われていたジャンルの西部劇である。マカロニ=イタリア製作の西部劇だ。ストーリーは今では全くと言っていいほど忘れてしまっているが、普段西部劇映画などテレビで見ることができなかった僕にとって非常に面白かったのと、一ドル銀貨で命が助かるという「ごっつい」ストーリーが衝撃的で、いまだに題名を覚えている。

で、YouTubeで調べてみると、なんとオープニングテーマの動画があった。ただ、見てみても全く覚えがない。それなのに何となく断片的に衝撃だったシーンのようなものを覚えているこの映画、僕にとって不思議な思い出とも言える。

今度、みてみるかな・・・。けど、見直すとがっかりって事もあるからそのまま思い出として残しておいた方がいいかな・・・。








関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2009/10/02(金) 19:10:50|
  2. 色々な話し|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1076-786044a0