鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

タンデムにも有効 「AC法」

以前このブログで紹介したリバースハンドライズアップの手法の一つである「AC法」。タンデムにおいても有効であると改めて感じている今日この頃です。



なお、AC法については過去記事をご覧下さい。

リバースライズアップについて 1

リバースライズアップについて 2

リバースライズアップについて 3

<以下はAC法に関連する記事>

AC法への質問

AC法 その実践について

大佐山でAC法

AC法についての質問

という事で、AC法については上記を読んで頂ければ何となくお分かり頂けるかと思うのですが、この方法、タンデムにおいても非常に有効だなと、個人的に思う訳です。

私、たまにタンデムをやる機会があるのですが、余程風がない時以外は、リバースハンドで立ち上げをしています。ラインと翼の確認及び、立ち上げと加速の作業をある程度わかりやすく分離する形にすることで、パッセンジャーの負担を少なくしたいという事もありリバースで立ち上げを行っている訳です。

で、風がそれなりに強く、立ち上げた際にパッセンジャーが少しばかり後ろに下がらないといけないような場合は、(リバースをしているパイロットから言えば前に行く形になります。)AC法を使うようにしています。

その訳はやはり、風が強くライズアップ時に必要以上に引っ張られる事がないようにでき、また、ライズアップスピードをコントロールでき、更に揚力が発生しそうになり、ふいに浮いてしまうという事を防ぐのに、AC法が非常に適している事にあります。

時としてランチャーからタンデムでテイクオフする事もあるのですが、ある程度狭い場所で大きく動くという事は二人いるタンデムにおいては非常にリスクが高く、そういった場合に、上げていくスピードをコントロールできるが故に取りやめがやりやすく、グライダーが上がってからの取りやめにおいてもその途上で引きずられる可能性を低くできるAC法は、非常に有効となります。

また、結構な強風で、立ち上げた瞬間にちょっと浮いてしまうような時にも、AC法でうまく浮き上がるのを抑えることができれば、パッセンジャーに対しての無駄な恐怖を取り除けることになります。

そんな訳で、そこそこ風が入っている時には、AC法で立ち上げをしているのですが、自分としては非常にいい感じで運用できていると思っている次第です。

さすがは風が日常的に強めであるオーストラリアの連盟で正式採用されている方式。強風時の安定度と、安心感は非常に高いと思います。

しかし、何で日本ではあまり普及していないんでしょうか???まあ、ただ単にその方法を教える人が日本でいないからだけなんですが・・・。

力が強くない方や、体重の軽い方、そして女性なんかには非常に有効な方法だと思うんですが。立ち上がった後の取りやめとかに使うだけでも、強風時のリスクはかなり削減できると思います。

もし強風時、お悩みの方がいらっしゃいましたら、ぜひお試しください。

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2009/09/11(金) 00:56:08|
  2. パラグライダー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

  

コメント

連休中

台風の影響もあってか、かなり風が強い日が多かったのですが、連休中もAC法、ガンガン唸りを上げました。

やはり強風時の、風を入れ始めた時の上りのスピードコントロール、そして立ち上げ後の浮きの押さえには非常に効果的でした。

  1. 2009/09/23(水) 18:54:28 |
  2. URL |
  3. 高鬼 #bBUgYcK2
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1066-908812c6