鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

ブルース・リー 李小龍

前回の記事でブルース・リーについて書いたので今回はその話しです。


もう今の若者は知らない人も多いかと思うのですが、香港カンフー(功夫)映画を世界的に知らしめるベースとなったのがこの人、ブルース・リー(李小龍)でした。ジャッキー・チェン、リー・リンチェイ(ジェット・リー)等がハリウッドに進出する礎を築いたのもこの人といえるでしょう。

また、その後のカンフーもの映画はもちろんのこと、アクション映画の格闘シーンや漫画、アニメなどにも多大な影響を与えてます。メジャーなところで言えば「北斗の拳」のケンシロウなどはもう全くブルースリーをまんまパクッた程の芸風です。

そんなブルースリー。僕が彼を知ったのは、小学生くらいの時、親戚の兄ちゃんが彼に夢中になっていて教えてもらったのがきっかけでした。ただ、その時はガキ過ぎたせいもありあまり興味がなく、その後、中学生位に確かTVで「燃えよドラゴン」を見て、メチャクチャかっこいいと夢中になったように思います。

ブルースリー好きの黄金のパターン?であるところの自作ヌンチャク製作をやってみたり、少年ジャンプ裏表紙の通販で、ブルースリーが死亡遊戯で着ていたトラックスーツや黒のカンフー服、カンフーシューズのコピーを販売しているのをメチャクチャ欲しいと思ったり、(当時いずれも僕にとっては非常に高額な値段で手が出ませんでした。)、映画のサントラを買ったり、ブルース・リー関連本を買ったりしました。

ちなみに、おっさんになってからも、数年前にパラの大会で中国に行った時に、「燃えよドラゴン」のビデオCDとカンフーシューズを買ったりしてます。なお、「燃えよドラゴン」はさすが共産圏中国、劇中のちょっとHなシーンが綺麗にカットされておりました。

とまあ、そんな感じでおっさんになっても未だ、ブルース・リー、大好きなんですが、なんつっても「燃えよドラゴン」がかっちょいいですな。香港・米国合作のハリウッド進出作品なので、いい感じにまとまって作られてますし。

ラロ・シフリンのあの超有名な曲に乗せ、暴れまくるブルース・リーがいけてます。






超有名なテーマが流れるオープニング
もうこれを聴くだけでマニアは涎ですな。
アジアを良く知らない米国人に興味を抱かせるような
ある意味作為的な街の様子の映像も、
今となると当時の香港がどんな感じだったかを
感じさせるものとなっていて興味深いです。






燃えよドラゴンでも非常に有名なシーン。
哲学の講師をしていたという、ブルースリーならではの
精神論系シーン。

スター・ウォーズのフォースについての精神論と
なんとなく通じるものがある気も。東洋系精神論ですかな。



「燃えよドラゴン」では他にも、サモハンキンポー(デブゴン&ミスターブー)と練習試合をするオープニングシーンや、エキストラ時代のジャッキーチェンが出てくる地下室での格闘シーン。ラストの鏡部屋での格闘シーンなどがアップされています。



なお、ブルースリーといえばヌンチャクシーンですが、僕が好きなヌンチャクシーンは、「ドラゴンへの道」。ダブルヌンチャクがいいですなあ。











他にも、ドラゴンへの道では、ローマコロッセオでチャック・ノリス(B級アクション物の大御所。もう知ってる人も少ないだろうなあ・・・。)と戦うシーンなどがアップされています。また、ヌンチャクシーンでは、ダン・イノサントとのヌンチャク対決も中々の見もの。こちらもユーチューブでアップされてたりします。

って事で、長々とお送りしてまいりましたブルース・リーネタ。いかがだったでしょうか。見てないという今の若者にも一度、このCGもワイヤーもない生アクションを見て頂きたいと思ったりする次第です。結構新鮮なんじゃないでしょうか?

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2009/08/09(日) 22:56:49|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

  

コメント

懐かしいわ

久々にブルースリーを見ました。 教室にヌンチャクを持って来てみんなでアザを作ってマネしてましたわ。 クリクリ坊主頭で…

  1. 2009/08/12(水) 09:53:36 |
  2. URL |
  3. ベガ4 #-
  4. [ 編集]

確かに

今見るとほんと懐かしいですね。

ストーリーとかもおっさんになってから見ると、単純で、そしてかなり荒唐無稽というか無理くりな感じがしたりします。

でも、こういうのはそういう細かいことを考えず、ただ純粋にブルース・リーの凄さを感じ、そしてその後、「アチョー、ホアァァッーーッ!」とまねしながら、ヌンチャクを振り回し、ハイキックを決めるのがいい映画かと思う次第です。

  1. 2009/08/15(土) 22:39:42 |
  2. URL |
  3. 高鬼 #bBUgYcK2
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1056-1ba6d6a5